多重債務と延滞 甘い審査なら大丈夫?

消費者金融では審査があり、そこを通過しないとお金は絶対に貸してくれません。

基準については、それぞれ違うのですが、審査に関しては厳しいとか甘いと表現することが多いです。ネームバリューのある消費者金融は厳しいのですが、街金や中堅消費者金融などでは、案外とスムーズに借りられた口コミも少なくありません。

審査については法律的な縛りはあるものの、独自審査で融資を行うことが出来ます。

甘い審査でも落ちることはある

甘い審査の特徴としては、ブラックの方でも借りられるという点でしょう。債務整理や多重債務者に対しても融資をしてくれるのです。実際に、大手消費者金融での審査落ちの方が借りにくるケースは多いようです。

しかし、ここでも絶対に融資をしない人がいます。それは、

  • 無収入
  • 延滞中

この2つの項目に挙がる方は、甘い審査の消費者金融でも審査落ちになります。自己破産をした人よりも延滞の方が罪深いことになります。

延滞と多重債務

借金をする、返済が苦しくなる、その返済をするためにほかから借金をする。この時に余裕があれば、自転車操業的な返済をしていくことは良くあります。

どう見ても詰まってしまうのは目に見えているのですが、延滞を回避するための多重債務はよくあるパターンです。そして、いずれ借りられなくなってしまい、延滞と多重債務を抱えることになります。

延滞と多重債務はまさか紙一重なのですが、片方に手を付けてしまうと両方なってしまいます。計画的な多重債務ともいわれる事は多いですが、これはあまりに高いリスクがあります。

すでに金融ブラック

延滞も多重債務もブラックになります。多重債務の考え方については、それぞれの金融業者の基準はあるものの、どう見ても良い印象はありません。

2社以上の会社からお金を借りている事は、いつ滞納をしてしまうかわからないのです。そのリスクを抱えて時点で、ブラック扱いになります。

多重債務よりも延滞してしまった時点での信用はなくなり、その後の借入は難しくなります。たとえ甘い審査の消費者金融だとしても、延滞している状態での契約は難しいようです。ブラックOKだとしても、延滞している状態に関しては、なかなか厳しい現実が待っています。