延滞中の借金は出来ないと思ったほうが良い

お金を借りる行為は、消費者金融や銀行などの金融会社を通じて行うのは悪いことではありません。利息を付けて返済する契約をするのですが、必ず完済しなければならないものです。当たり前のことですが、この返済がうまくいかないこともあります。

金融会社では、カードローンやキャッシングやローンの申込のときに、自己申告以外の情報の他に、個人信用情報機関での過去の返済状況、現在の借金情報を調べます。その状況によっては申込を断ることもありますが、それが審査落ちです。

審査落ちの理由はいろいろありますが、延滞もその一つです。延滞とは、返済しなければならないのに、返済ができずに支払いがたまっている状態ですが、遅滞・滞納と言っても良いでしょう。

この延滞をしている方については、最初に行った借金の契約を違反したことになり、その後消費者金融や銀行カードローンの契約などは一切できなくなってしまいます。いわゆるブラックリストの一つです。

延滞中でも借りられる消費者金融と紹介されている金融会社もありますが、ここは普通のところではないと考えて良いでしょう。消費者金融は、金融庁に届け出している正規消費者金融とそうではない金融会社があります。

正規消費者金融は、法律に則った経営で、もしものときの債務整理などにも対応出来ます。しかし、正規消費者金融以外については、闇金やソフト闇金といった金融会社であり、多分お金は簡単に貸してくれます。ですが、法外の利息はもちろんのこと、法律一切無視の取り立てなどがひどい状態での返済になります。1万円借りたとしても10万円の返済はザラです。

正規消費者金融は、延滞中とわかった申込者に対しては一切融資はしません。その対応は冷たいようですが、そこでもし借りたとしても返済の見込みがないのですから、対応としては当然のことです。最も、延滞中でお金を借りたいという方が何か間違っていると考えるのが妥当です。

もし、ホームページなどで延滞中の中でもお金を貸します、相談に乗りますというところがあったとしても、そこが正規消費者金融であったり、口コミ情報などがあるかを必ず確認してください。