中小消費者金融でも延滞者は借りれない

消費者金融の審査で、金融事故に関しての大手消費者金融審査では、一切の審査落ちの原因になります。

甘い審査の中小消費者金融の場合、一部の金融事故であれば借り入れができることがある程度です。ブラック対応の甘い審査でも、延滞の金融事故に関しては借り入れができない場合が多いです。

どんな返済も

これは、カードローンやキャッシングの延滞だけではなく、住宅ローン、クレジットカードのショッピング枠、奨学金等の分割して支払いをしている借金に対しての返済すべてです。

キャッシングの際に確認をする信用情報は全ての借りているものの記録がされています。利用カードだけではなく、返済を伴うもののすべてで延滞、そして遅滞のときの申込は審査通過が難しいでしょう。

大手消費者金融だけではなく中小消費者金融でもこれは同じです。延滞していたら、借りれない。金融事故、ブラック対応でも延滞のブラックリストに関しては、今回の借金申込は諦めることが必要です。

返済できないから借りに来た?

この見方をされたら終わりです。要するに、他の返済のための借金であることは、延滞前であれば自転車操業的に行うことがあります。

しかし、一度延滞という止まってしまった返済に関しては、取り返しがつかないのが現状です。消費者金融会社では、返済ができない人への貸付には一切対応しないようです。

延滞しているし遅滞しているから、甘い審査の中小消費者金融でのキャッシングをしたい。多分この狙いは外れます。

遅延損害金を払ってでも

延滞してしまった場合、返済日の翌日から遅延損害金が加わります。どんどんと返済額が大きくなっていきますが、必ずきれいに支払いをしてから甘い審査の中小消費者金融に行くようにして下さい。以前延滞していたという事実での申込では、まだ審査通過ができる可能性はあります。

しかし、ここでも延滞してしまうのではないか?というリスクを伴うことで、固く完済の約束が言われることになります。ちなみに、中小消費者金融での延滞は、取り立てが厳しいことが言われています。

法律違反スレスレの取り立て劇が口コミでも語られるのですが、大手消費者金融の優しい取り立てとは違います。ですから、延滞してしまうようなキャッシングを続けている場合には、素直に債務整理をすることをオススメします。

延滞より対応は良い

中小消費者金融では延滞者には冷たいですが、債務整理者には対応は良いでしょう。内容にもよりますが、完結して債務整理後の中小消費者金融の借り入れは、延滞している時とは違います。返済能力が認められることで、キャッシングができる可能性が高いでしょう。