延滞はブラックでも重罪?

延滞している信用情報では、消費者金融会社では審査落ちのブラックです。大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融でも嫌がります。

ブラックリストと言っても

審査基準が甘い中小消費者金融では、債務整理者でも完結しているとか、借入件数が中小消費者金融の許容範囲内であることが審査通過の基準です。

しかし、延滞と遅滞に関しては返せない人の象徴であり、どうしても審査に通すことがありません。返済日を守らないのは、どんな事情でも審査落ちにしてしまう場合が多いです。

住宅ローンの返済も

キャッシングだけではなく住宅ローン返済だったり、クレジットカードの返済も関係してしまうことがあります。

しかし、中小消費者金融ではキャッシングにポイントを置きますので、とりあえずカードローンやキャッシングの点での延滞を解消することを第一に考えて見ることが必要でしょう。

それでも借りれる保証は100%ではないのですが。信用情報は、どこまで確認するかが問題です。

キャッシングはどうしてできない?

延滞の金融事故では、返せないことを意味しています。

多重債務者だったら本当に余裕がない状態ですが、収入証明書が虚偽だったり、本当は無職?と疑われることになります。金融事故の中で最大のことが延滞であり、新規キャッシングを考えているのなら延滞なき申込しかありません。同様に、遅滞も最悪の事態です。

クレジットカードの返済だけではなく、携帯電話の機種代分割している方も注意が必要です。1ヶ月遅れになっている場合は、クレジットでの延滞になっている可能性があります。

中小消費者金融では関係ない審査といわれることがありますが、最近ではそんなことはないようです。クレジットでの延滞も大きな金融事故です。

総量規制対象外だから

クレジットカードのショッピングも銀行カードローンも総量規制対象外です。キャッシングの限度額とは無関係ですが、延滞の金融事故は関係ありの話です。

間違った情報でうかつに申込をしてしまうと、審査落ちになってしまいます。中小消費者金融の審査落ち記録は後のキャッシングにも影響が出ます。

延滞の時には

債務整理をして、少し頭を冷やしましょう。まとめローンがあるからと申込も良いのですが、返済額が多額になってしまう場合も少なくなく、後悔したとの口コミもあります。

延滞の中でのキャッシングとか、カードローン、クレジットカードというのは全滅だと思って良いでしょう。延滞したら借りれないというのが定説です。