延滞した?債務整理しかないんじゃない?

大手消費者金融カードローンの延滞をしている。何もしていないけれど、ヤバイかな?中小消費者金融では借りられないだろうか?

絶対に借りられないでしょう

審査基準が低い中小消費者金融では、大手消費者金融で借りられない人でもキャッシングができるチャンスはあります。ブラック対応とか、金融事故情報がある方のキャッシング口コミもあります。

しかし、延滞している状態での中小消費者金融でのキャッシングができた方の話は聞かないでしょう。もし、それができる中小消費者金融があるのなら、延滞者が続々申込に行くことになります。

ですが、本当は借りれたとしても、この報告はゼロです。中小消費者金融では、信用情報で延滞記録がある方の受け付けはしていないのですから。

どうしたら良いと思う?

債務整理です。住宅ローンがある方でもない方でも、多重債務者でも債務整理をして延滞の事実だけではなく、今後のキャッシングの内容を見直す時が来ました。

多重債務者だけではなく、収入と借り入れのバランスが大きく乱れている時であり、延滞してしまう事実は借金ができない証拠です。

債務整理後のキャッシング

中小消費者金融では、債務整理者のキャッシングとして1年程度経てばできる場合があります。

延滞の時には審査落ちでも、自己破産者だったり任意整理完済での申込では、思っている以上の高待遇です。これは意外なくらいですが、過去の信用情報で債務整理では、それらの借金が解決しているとみてくれることが多いです。

特に延滞があったとしても、直後の任意整理だったり自己破産では、金融事故情報としてはあまり関係ない審査になります。当然普通のキャッシングとは違い、信用情報での金融事故情報で、少額融資になってしまうのは仕方のないことです。

しかし、新たな中小消費者金融でも新規キャッシングで完済を続けていくことにより、信用ができます。延滞して鬱々としてるより、その借金問題は解決しましょう。そして、少し頭を冷やしてから、中小消費者金融に行くことをオススメします。

その時には、延滞でも借りれる極甘審査ではなく、人気の中小消費者金融だったり、カードローンのある中小消費者金融でも対応できます。正確に言えば、債務整理完結から1年以上経過していることが必要です。

延滞してしまうことは仕方のない場合がありますが、それを引きずって無理してキャッシングをするのではなく、心機一転債務整理でのリスタートをオススメします。

自己破産したら借り入れしなくても良くなったし、もう借金はしない。そんなに良いことはないのですが、どうしても借り入れしなければならない時には中小消費者金融に行きましょう。