延滞中でも借りれるのは闇金融だけ?

消費者金融でキャッシングをする際には、返済の約束をしたことになります。

これは、申込者の信用情報で審査基準に合うので、希望額を貸付。返済には、所定の金利を付けて返済するというものです。

返済をしないということ

どんな理由にしても、返済しないということは延滞になります。遅れて返済をすることは遅延であり、一応入金が叶いますが、返済姉しないままでは延滞中です。融資の際の約束を遂行しないこと、延滞中の信用情報では金融業者で延滞中の記録がつきます。

金融事故も最悪のパターンであり、「すべての金融機関、金融業者で最悪のブラックリスト」の称号が与えられます。すなわち、消費者金融、銀行カードローンの審査には絶対に審査落ちになるだけではなく、甘い審査の中小消費者金融でさえ借入ができない自体になります。

ですから、延滞中でも借りれたという口コミでは、このような状態ではどこが借りられたの?という質問が自然と湧いてきます。

延滞中でも借りれる金融会社はなし

金融業者では、延滞中の申込者の信用はゼロのはずです。しかし、甘い中小消費者金融の情報サイトでは、延滞中と遅延の方の借入情報がたまに存在しています。

内容を確認の上、どんな延滞中の方が借りられたかを確認してみてください。必ず最後まで記事を確認することです。口コミ情報では、ガサネタも存在していることとがあります。

実際に借りれた、闇金融から

一番多いのがこの金融業者です。自分が借りれたところは、◯◯。ネームバリューのない中小消費者金融では、あたかも金融会社のような内容です。

しかしながら、消費者金融業者ではなく、闇金融の可能性が大きいです。正規の金融業者ではない闇金では、返済の金利の保証もなく、信用情報も確認しないところがあります。ということは、延滞中であることもブラックであることも無関係で、キャッシングができます。

債務整理中でも平気で審査らしいことをしますが、延滞中の闇金の利用は身の破滅の予感があります。いきなりトイチの金利、1週間後に完済ができないと取り立て以上等の事態がおきます。実家や会社に平気で請求もある等、闇金融に行くことに後悔してしまうことがあります。

闇金融の口コミでは「まともなキャッシングができない」ので、利用はオススメしないです。

いかに正規の消費者金融がすごいのか

返済できる人にだけ貸す。延滞中の借入をさせない。それが消費者金融の姿です。ですから、延滞中借りれるという情報は、必ず闇金融であることを承知しておくことが必要だと思います。

金融ブラックの中小消費者金融では、延滞中の方は審査落ちです。