返済できない延滞 じゃどうするか?

キャッシングを提供している金融会社では、審査という名のルールを作って、顧客を選んでいます。消費者金融では銀行カードローンよりも作りやすいのは、そのルールのハードルが少し低いからです。

審査の原則は返済できる方の判別で、そのためにこれはOK、NGという項目があります。全ての金融会社でNGとされるのが延滞中の申込者です。審査がゆるいとされる消費者金融でも、延滞中の方については審査すらしてくれないところもありますが、要相談のところも少なくないです。

延滞と言っても、1回なのか3回なのかの期間にもよりますが、うっかりミスの一回の場合は、その場で解決することで、中小消費者金融では借りられることがあります。しかし、延滞中を解消したあとの話です。

返済のための審査と言いましたが、延滞をしてしまうということは返済ができない状態を意味します。来月に大きな収入があるからと言うのなら、解消してから申込にいくべきです。

大手消費者金融の場合、延滞中だったという過去の信用情報だけで審査に落ちますが、中小消費者金融の場合は、一応延滞中ではない方については審査を行います。

しかし、この中小消費者金融での延滞に関しては、厳しい催促があるのはもちろんです。主に電話ですが、支払いが遅れることで信用がなくなってしまうのです。

いずれにしても、キャッシングの場において返済しないのは大きな罪です。その理由が正当なものであったとしても、金融会社にしてみれば関係ないことです。貸したのだから払ってくれないと困ります、人の道としては当然のことです。

ただ、延滞前の連絡をすることで、延滞を回避することができます。これに関しては、金融会社で責め立てることはなく、話を聞いてくれます。そして、返済できる方向での返済額の変更にも対応します。それを、こちら主導で行うのが債務整理です。

債務整理の目的は、滞納や延滞しそうな方がそうならないように手を打つこと、できれば返済額も借金総額も減額することを目的としています。良い例が自己破産で、免責が通れば返済がゼロになります。返済する側に最大限考慮した債務整理を早く行うことで、延滞せずに金融会社を納得させることができます。

もう延滞をしてしまったという方も、新たな借入を考えるのではなくすぐに債務整理の準備を始めること、これは人の道に沿ったことであり、非道な行為ではないのです。