延滞中の借りられたという口コミには要注意

大手消費者金融の審査のNG項目では、延滞している方とあります。

原則的に延滞とは3ヶ月返済をしていない状態ですが、審査段階で1回でも滞納していると審査は通りません。中小消費者金融でも延滞中の借入には慎重な扱いとなっていて、審査落ちの大きな原因となっています。ということは、延滞中の借入はできない可能性が高いと思ってください。

ここで気をつけたいのが、延滞中でもOKの消費者金融です。この場合、ホームページなどに堂々とその内容のことが書いてあるところは闇の金貸し屋でしょう。いわゆる闇金融です。闇金業者は、法律を無視したお金の借入をしています。

大手消費者金融や中小消費者金融は必ず法律に沿った営業をしています。消費者金融の貸金法、銀行カードローンの銀行法にしても、延滞中の金融事故の方には借入をしないというのが大原則なのです。

個人信用情報機関には全ての借入と返済の記録がされます。違法な貸し方をしていることで、金融会社そのものの汚点を作ってしまうことになります。他社とのバランスからもこのような危険な行為は、消費者金融もしたくないのです。

では、延滞中でも借りられると言うのはどういうことでしょうか?1つは消費者金融のまとめローンの利用です。総量規制対象外になるまとめローンは、ある程度まとまった金額の借入ができます。消費者金融なりの審査をした上で改めて借入をするのではなく、全ての債務を借入でまとめローンとして完済させた上で返済をするのです。

それにしても延滞中とあれば、審査にも時間がかかったりなかなか通らないことが多く、まとめローン契約までには難問が多いのです。そして、まとめローンの契約前に、なんとかそれを解消させる手段があるとした方を対象にすることが多いのですが、実際の収入の状況などで相談なしでは対応しないところも少なくないです。

ということで、延滞中でも借りられたという口コミには注意が必要です。どんな消費者金融でも正規なところでは対応しないことが前提となっていますから、こんなことしか借りられたと口コミに合ったとしても、その信憑性は低いと思って良いでしょう。

まずは、延滞を解消して、これが最初に来る条件です。延滞してしまったと言うか、一回でも返済ができないと予想される場合には、契約している消費者金融に直接話をするのが先決です。これが解決法として、最初に行うことです。