正しくは、今すぐ債務整理です、その理由は?

借金の延滞中でお金がないというのは当然です。できれば、延滞分だけでも支払いをしてしまいたいのですが。

銀行カードローンや大手消費者金融カードローンの借入は可能でしょうか?

100%無理

大手消費者金融と銀行カードローンの審査では、延滞中の借入はできません。カードローンでは、どんな金融事故でもブラックリストとして借入ができないのですが、延滞中は最大の金融事故です。すべてのローンなども多分借入ができないので、諦めて下さい。

甘い審査の中小消費者金融では?

こちらも多分審査落ちになることでしょう。確かに、ブラックリストでも借りれるとされていますが、金融事故で許されるものと許されないものがあります。

延滞中は許されないものです。遅滞も同様です。返済額にかかわらず、延滞中の借入がある時には、中小消費者金融の甘い審査もNGとなってしまうことでしょう。

中小消費者金融で借りれるのは?

一般論として、3社までの多重債務者、1年以上経過している債務整理者、総量規制範囲内の余裕がある金融事故者です。そして、安定収入があることが必要です。

遅滞と延滞がないことが最大の条件とされていて、お金がないから延滞中、延滞中だからお金がないとしても、今回の申込はしないことです。延滞中の内容が少額だとしても、新規のキャッシングが中小消費者金融でもできないとされています。大手消費者金融では、最初から論外です。

延滞中はどうして借入ができない?

返していない借金があるのにお金を借りる。遅滞は返済日から少し過ぎている程度ですが、延滞中は61日以上と定めがあります。その間取り立て、請求があるのに、のらりくらりと逃げていて、また借りたいと言うのは都合の良い話しです。

信用情報で遅滞も延滞中の記録もあり、すべてのキャッシング審査に落ちることになります。多分、極甘審査の中小消費者金融でも延滞中の借入では、自分のところの返済ができないと判断されて審査落ちでしょう。

審査上で返せない人の判断が遅滞と延滞です。ですから、正規の金融業者すべてで、審査したときに返していないことがわかると、その時点で審査は通りません。

残念なことですが、多重債務者の原因が自転車操業的に借入を続けていた場合、延滞の恐れが大きいです。計画的な多重債務者だとしても、最終的なツケは大きなものになります。

ちなみに、返済できない延滞中の解決策は多分債務整理しかないことになります。ということで、延滞中で今すぐ借りたいではなく、今すぐ債務整理が正しい判断です。間違っても、今すぐ闇金や個人間融資にはいきませんように。