延滞中は借りれないが常識

延滞中になっていて、中小消費者金融でも借りれたとの情報はほぼゼロです。それは、甘い審査でも延滞中の借入がとても難しいからです。

もし、口コミでも情報でもあの中小消費者金融では、延滞中でも借りれるとあれば、ブラックリストが殺到してしまうことになります。

信用がないこと

返済していないのに借りようとする。それは、信用情報で延滞中がバレているので、申込者に対しては、借入ができないのは当たり前と宣告されます。

返済ができない方にお金を貸すのは、今度貸したお金も返済ができないことを意味します。いくら甘い審査の中小消費者金融だとしても、通用しないことです。

借金返済に信用が持てないことで、延滞中の借金が絶対にできないことになります。銀行カードローンと大手消費者金融などでは相手にもされないでしょう。

事情を聞いて下さいはダメ?

中小消費者金融では、担当者と直接話しをする審査があります。その時に、延滞中の説明をしてはダメかな?延滞中の説明とは、どういうことでしょう?多分何を言っても話しは聞いてくれないでしょう。

返済ができないのが、その時たまたまお金がなかったから。今はないけれど、絶対に返すので貸してほしい。こんなことが、中小消費者金融の担当者に言えるのなら挑戦して下さい。多分貸さないと言われることでしょう。

なぜ債務整理をしないの?

良心的な中小消費者金融の担当者はそう言うでしょう。返済ができないのなら債務整理をしたら良いのです。

甘い審査の中小消費者金融では、債務整理後に申込をすると延滞中とはうって変って対応は良いでしょう。なんといっても、返済額が小さいのですが、ここで貸したとしても返済見込みがあります。

結局、延滞中で借入ができないのは、返済がではないだろうという予測からです。それが、こんな理由で来月にはきれいに支払いができるので、今だけ貸して。担当者に哀願したとしても、借りれる保証はゼロです。

ただし、以前からお世話になっている中小消費者金融だとか、知っている関係ではわからないです。この場合、この中小消費者金融は借りれるという口コミは厳禁です。どんな関係でも延滞中の甘い審査のキャッシングができないでしょう。

本当に債務整理してから出直してと言われることが多いですが、これが大正解です。

債務整理したら借りなくても済んだ

債務整理は大きく返済を減額することができます。自己破産では、借金がゼロになります。

延滞中で中小消費者金融の審査落ちになり、債務整理をして借りに行こうと思った。ところが、債務整理したら借金の必要がなくなった。これが理想の形であり、二度と借りない生活になることが債務整理の成果です。