延滞中は債務整理でしょう

債務整理をしたきっかけを聞いた調査で、多かったのが裁判所からの呼び出し状でした。今まで取り立てや請求の電話で逃げていたけれど、裁判所の文字を見て怖くなったと言います。

債務整理はどうしてできなかった?

恥ずかしい、生活が変ってしまう。クレジットカードなどの契約ができなくなってしまうからなどの理由です。延滞中で既にブラックリストになっていること知らない方も多いですが、返済滞納者の延滞中では、最悪の信用情報になっています。

そして、ここからの債務整理ですが、弁護士や司法書士に依頼することをオススメします。延滞中でも借りれるかと思っていた方もいますが、中小消費者金融ですら審査落ちです。今すぐ借りたい夢は打ち砕かれますので、粛々と債務整理を進めて下さい。

延滞中は怒られる?

例えば、自分で債務整理をしようとするといろいろと言われることがあります。

債務整理しようというのに?それはそうです。債権者にしてみれば、債務整理は違反行為です。しかし、法律で決まっていることなので、申し立てに対してはきちんと対応します。文句の一つも言いたくなりますし、言い返されることもあります。

弁護士などは、債務整理の理由、延滞中の理由もきちんと聞いた上で正当な債務整理であれば依頼を受けることになります。隠し財産があるとか、本当は支払いができるのにごまかす行為は厳禁です。叱られることはありませんが、費用はかかります。

借りられないので債務整理

そうです。もっというのなら、返済ができないので債務整理です。返済不能になっていたのでは、債権者にも迷惑がかがります。

しかし、先に来た裁判所で相手にしないと、給与からの差し押さえが始まります。家があれば取られてしまいますし、遅延損害金も加わり、とんでもない金額が何年もかかって勝手に差し押さえがされることになります。

債務整理のために弁護士に支払うお金なんて些細なものであり、延滞中が招く末路は大変です。

今は借りれないけれど

弁護士や司法書士に債務整理依頼をするととりあえず正当に返済が止まります。そこから債務整理決定までは借金がなかったことになりますので、借りない期間は続きますが、返さなくても良い期間です。

無事に債務整理完了後は正真正銘のブラックリストですが、1年程度経てば、延滞中で借入ができなかった中小消費者金融でのキャッシングができることがあります。リベンジキャッシングになりますが、延滞中は債務整理がベスト選択ですので、延滞中には借りに行かないことです。