多重債務者のおまとめローンと債務整理

おまとめローンとは、多重債務者が毎月の返済負担を減額するためのキャッシングの方法です。新規キャッシングではなく、借入は自身が持っている債務分です。目的は、今の返済を少なくすることです。

債務整理とは違う

毎月返済額の減少方法では、債務整理もあります。しかし、おまとめローンは債務整理ではなく、おまとめローンは元金がそのままで金利が低くなるだけです。

低金利になるので、毎月の返済が少なくなる。債務整理では元金も減っていきます。全体が小さくなる債務整理では、かなりの負担軽減になりますが、ブラックリストになります。おまとめローンと債務整理は違います。

どうしても比較される

多重債務者になったときに、なんとか返済を減らしたいと思う方は多いです。その時に選択肢がおまとめローンと債務整理です。大きな違いが、ブラックリストになるかどうかでしょう。

というのも、おまとめローンの審査は平均して厳しいでしょう。その理由としては、申込を受けた金融業者にしてみれば、それだけの借金をしている理由と返済能力の有無でしょう。

返済能力とは、もしおまとめローンになった時に、完済ができるかどうかの審査です。多重債務分のおまとめローンの貸付をしたとして、それだけの完済ができないと困ってしまうでしょう。

そして、審査ハードルを上げます。これだけ厳しくして完済の可能性がある場合のみ借りれます。そこで、大手消費者金融のおまとめローンはなかなか審査が通らないとの口コミが多いです。

銀行では、東京スター銀行のおまとめローンもありますが、はっきりと正社員以外の借入ができないとされています。それだけでも審査の厳しさを物語っています。そんなに多重債務が大変なら、債務整理したら?となります。

おまとめローンができないのなら、おとなしく多重債務として返済をしていく。それなら話はわかるのですが、多重債務でおまとめローンの低金利の返済ができないのは困る。返済ができないとおまとめローンに行くとしたら、審査は通らないでしょう。

中小消費者金融の甘い審査でもおまとめローンがありますが、こちらは低金利になることはありません。しないほうが良い金融事故者であるのですが、それではおまとめローンとしては債務整理の選択が正しいことがあります。

遅延中の多重債務者などがおまとめローンで中小消費者金融で行くと、審査に通ることがありますが、負担は小さな返済になるのは毎月の金額だけ。総返済額はとんでもない金額になります。

それは、債務整理の方が良いに決まっています。それがわからないのは、あまりにも多重債務として、返済に困っている場合です。そこで、中小消費者金融で審査通過は後に悲惨な借金地獄になります。

中小消費者金融のおまとめローンに行く時には、ほぼ全員債務整理が適当だと思われます。おまとめローンと債務整理の選択で迷っている。大手消費者金融おまとめローンにの審査落ちになったとしたら、ほぼ債務整理が最適です。信用情報では金融事故になっている、すでに遅延中の多重債務者では、すぐに債務整理しましょう。