借金を返せないときに行うこと

大きな買い物をするときにはローンを組む事が多いですが、手持ちのカードなどでショッピングの場合と、キャッシングでは利息が大きく違うのをご存知ですか?もちろんキャッシングの方が高い設定になっています。

お金を借りるということは、一昔では簡単なものではありませんでした。カードはありませんから、口頭で理由を述べてテーブルの上に札束を起き、印鑑や指印などできっちりとお金を借りる儀式みたいなものがありました。そして、その時の金利が30%など高利です。そんな思いをしなければお金を借りることはできないよという時代です。

現在は、裁量規制によってその方の年収の3分の一しかキャッシングはできませんが、金利は最高でも18%です。それでも月々の返済となると、ショッピングとは違い高いものですから、返せない事態になることも多いです。

取り立てにしても、以前は暴力的なことも多くありましたが、現在は周りの方に迷惑のかかる行為は一切禁じています。ですから、常識的な取り立てになっていますが、返せない方にしてみれば精神的にも辛いものがあります。

借金を返せない時点で、相談に乗りますという金融機関や消費者金融も多くなっています。これは余計な取り立てをする前に、話し合いましょうという柔和な対応です。

もちろんこれに対応してもらうのも良いですが、こちらはこちらで、返済が不能になってしまい、生活そのものが危ないというときには、弁護士などに相談をしてください。債権者からの相談ではなく、こちらから債務整理宣言をすることで借金の減額ができます。それを自分で行うのではなく、弁護士に依頼することで、借金減額の成功率も高いですし、精神的に楽になります。

ただし、弁護士にはきちんと費用も支払う事になりますから、その相談もしっかりと行うことも忘れずに。