延滞してしまったら債務整理をするべき

延滞している方にとっては、どこの消費者金融も相手にしてくれません。新たな借入は絶対にできないと思ってください。

正規消費者金融からは、いわゆるブラックの方にもキャッシングの機会があるところも少なくないです。審査の甘い消費者金融一覧などでは、ブラックの方でも収入次第では対応OKです。しかしながら、延滞中のブラックに関しては、なかなか審査は通りません。

この時には、その滞納している消費者金融に直接話をすることです。考えられるのは、今は返済ができないから利息だけでも返済とか、いくらなら返済が可能かという契約の書き換えによって滞納を解消することができます。

しかし、現実には滞納中に返済のためのお金ではなく、普段の生活で使いたいキャッシングを希望する方がほとんどです。これは叶うことがないと思ってください。

こうした消費者金融に直接返済額の変更や契約の書き換えこそが債務整理です。それを直接自分でどうにかしたいというと、消費者金融の言いなりになりますが、債務整理として返済額の交渉をするのが本来の債務整理です。

言いなりの返済ですと、消費者金融では損をしないように返済額が大きくなってしまいます。それでも完済することができますから、従うことになりますが、債務整理宣言は返済額の減少を目的としています。

延滞中であることは自分がよくわかっています。できれば、延滞する前の契約の書き換えがスムーズですが、実際に延滞してしまった場合には返済を少なくすることができる債務整理を申し出ましょう。この時に、無料相談に対応している弁護士などに話をしてみると、より良い解決法を見出すことができます。

どんな少額でも延滞は悪影響を及ぼします、そして、延滞の記録は個人信用情報機関に報告されてしまい、しばらくはブラックになります。その事実を簡単に変えることはできませんが、まずは借りたお金を返済しないというのは法律違反であり、人の道にそれた行為です。

債務整理は法律に則った行為であり、延滞解消の有効な手段です。消費者金融では、延滞している方への借入は絶対に絶対しないのですから、すぐに債務整理に入ることをお勧めします。

間違っても延滞の方に借入をする業者に申込はしないことです。よほど口コミで評判のところでない限り、知らない消費者金融のところと縁をすることは危険です。