債務整理は配偶者にどんな影響がある?

債務整理をしたときに配偶者にはどのような影響があるのか?または、他の家族には影響はないの?

債務整理は契約者本人の問題

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。

この中で、もし配偶者が関係するというのは、個人再生と自己破産のときでしょう。それは、配偶者が連帯保証人になっているローンがある場合です。

任意整理は、原則的に配偶者はまったく無関係です。連帯保証人になっている借金がある。その返済ができないと債務整理をするのですから、連帯保証人が配偶者であれば、当然支払い権利が移ります。

そこで、個人再生と自己破産のとき、連帯保証人になっている借金があるときには連帯保証人も関係します。

保証人なしのキャッシングなどの場合

連帯保証人があるのは住宅ローンなどですが、カードローンやキャッシングの類では保証人はありません。無担保、無保証人のローンになりますので、契約者が債務整理しても配偶者は無関係です。

ところが、個人再生も自己破産のときには、毎月の家計費などの提出が必要です。大まかな世帯収入も関係しますので、何も言わずにこの作業をするのは、多少大変でしょう。

ただし、家計を一緒にしている配偶者であり、収入が自分だけの場合はその限りではありません。自己破産等に必要な書類作成で、多少関係がある程度です。原則的に、キャッシングにしても配偶者は返済義務もありません。

配偶者に告げるのは自由

自分の借金で配偶者に言わないというのは自由です。提出しなければならない書類が揃うのなら、家族に内緒で行うことができます。

別居家族等も無関係であり、個人再生、自己破産に必要な書類を配偶者に内緒で揃えることができるのなら、自分だけ債務整理は可能です。配偶者の同意等は必要がありません。

細かくみると

配偶者に内緒で債務整理をしました。その後のことですが、影響がゼロではありません。

例えば、専業主婦の夫婦の場合は夫の収入だけなので、妻に内緒で債務整理はできるでしょう。ところが、夫婦で買い物をしたい、クレジットの契約を夫がしなければならない。専業主婦では収入がないので、契約ができないときに夫はブラックリストで契約ができません。

なぜ?ブラックリストなの?という追求がある場合もあるでしょう。できれば、債務整理をするときには、配偶者には正直に話しをすることが得策だと思われるのですが。

それぞれ事情はありますが、こうした内緒債務整理がきっかけで夫婦にヒビが入るという事態もあるらしいです。

配偶者も交えての住宅ローンの債務整理について

住宅ローンの契約のときには、夫婦であれば共同名義になったりすることがあります。

ところが、債務整理をする事になったときには同罪になります。連帯保証人の場合も同様です。

住宅ローンの債務整理

住宅ローンの債務整理で配偶者に影響が大きいのは、自己破産の場合でしょう。個人再生では、住宅ローンだけは守られることから、配偶者に新たな負担はありません。

夫婦で住宅ローンの共同名義になっている。夫の収入が激減してしまった。他にキャッシングやローンがあるときに、共同名義である住宅ローンだけは債務整理をしない。その他の借金を大きく減額したい。その時には、夫の住宅ローン意外支払いが大幅に下がります。

その時に妻が支払う権利がなく、夫の個人信用情報に金融事故が付き、ブラックリストになります。それだけの話しです。ですから、住宅ローンがあるときには、住宅を守るときには、個人再生がベストです。

自己破産してしまったら?

当然、妻が全部の支払いをすることになります。もし、妻が返済能力がない場合は、妻も自己破産しなければならないことになります。

そこで、住宅は競売物件になり、手放す結果になります。夫は住宅ローンはもちろんですが、全ての借金がゼロになります。妻も同様ですが、夫婦でブラックリストという内容です。ですから、住宅ローンがあるときには、簡単に自己破産の選択は厳しいことになります。

個人再生の方法では、夫の借金が減額されることになりますので、妻は影響なしです。夫婦逆転の場合も同様であり、共同名義のローンがある、夫婦で連帯保証人の関係である時には、安易な自己破産はしないことで、適切な債務整理を選択してください。

そして、住宅ローンのある債務整理の場合は住宅を失いたくないときは個人再生が良いでしょう。信頼できる弁護士に相談されると良いでしょう。

住宅ローンは支払える?

それが、任意売却の方法です。住宅ローンの支払いが厳しくなった時の任意売却では、住宅ローンの支払い途中ですが、売却して支払いを完了することも可能です。この場合、任意売却業者に依頼になりますが、競売物件では市場価格とはかけ離れた低価格での売却です。

任意売却では、市場価格での売却が可能であり、高く売却ができることで、住宅ローンの支払いができることがあります。また、買い手次第では、賃貸としてその家に住み続けることも可能です。任意売却、リースバック対応の業者であれば、債務整理後も自分の家に住むことができる選択肢が残っています。

この時、債務整理をすることでは、個人信用情報機関には事故情報が付きます。自己破産と大きく違うのは、家を名義は失うのですが、住めるというメリットです。この際も、任意売却ができるのか等ではよく相談されることです。

任意整理は旦那に内緒で行える

法律事務所や弁護士で、債務相談を無料で行っているところがあります。宣伝文句はいろいろとありますが、家族で内緒で債務整理ができる。そのような言葉があります。

妻に多い?

旦那に内緒でクレジットカードでたくさん買い物をしてしまった。またはキャッシングしてしまった。

旦那に告げる機会を失っただけではなく、最初から内緒にしたかった。きちんと返済ができればよかったのですが、途中でどうしても返済が困難になった、どうしよう。

この場合でも家族に内緒で債務整理ができるというのなら、相談してみたい。そう思うでしょう。

本当に配偶者に知られることはない?

債務整理も任意整理になることが多いのですが、配偶者の同意も職業もまったく関係ありません。

任意整理と言えば、毎月元金と利息の支払いをしていますが、元金だけの支払いにしてもらうことです。クレジットカードでは、金利は大したことがないと思っている方も多いでしょう。

ところがリボ払いにしている場合、相当な利息の支払いをしていることに気がついていないことでしょう。

キャッシングの場合は、大手消費者金融でも50万円以下では18%に近い金利の支払いが続きます。その分をカットした任意整理では、3年間で元金完済を目指します。

弁護士に依頼すると

任意整理は、債権者との交渉だけです。裁判所も不要ですが、弁護士に依頼をすると交渉はすべて行ってくれます。

そこで、返済方法等も従来の対応であれば、家族にバレずに返済していくことになります。金額がかわったという点までチェックされないことでしょう。

弁護士としても家族に内緒の任意整理となれば、連絡方法も工夫をしてくれます。女性弁護士、事務員等が電話をする等の配慮もあり、ばれないことに協力しくれるでしょう。

実際、任意整理の場合は、そんなに弁護士と連絡することもありませんので、きちんと任意整理後の返済ができるのなら問題なく解決します。

夫の内緒の借金の支払い

できないと決まった時には、すぐに弁護士に相談してください。必ず家族に内緒で行いたいということは正直に話しをしてください。

任意整理であれば、問題なく対応してくれるでしょう。最近では、こうしたパターンの相談が多いといいます。ただし、任意整理後では自分で携帯電話のクレジット、しばらくカードの使用やキャッシングができません。そのことを夫に知られないようにするというのは自分で考えなくてはならないことです。

また、任意整理ではしばらくブラックリストになります。

債務整理は夫婦の問題?

債務整理に関するおかしな噂があります。引っ越しができない、選挙権がなくなる。近所に知られる等です。

このうち、個人再生や自己破産してしまった方は、裁判所の玄関前に貼り出す官報に名前が掲載されます。それを目にしない限り、知られることはないでしょう。

引っ越しの件

一応、1年間は難しいとされていますが、してはならないということはないようです。

自己破産に限ってのことですが、職業の一部は継続ができないでしょう。弁護士や会計士ですが、保険外交員等も自己破産後はできないとされています。

あとは、普通の生活ができ、選挙権も普通に継続です。個人信用情報機関に金融事故となる債務整理では、あくまでも個人の内容です。配偶者がいたとしても、まったく関係のないことであり、世間的にも知られることはありません。

クレジットは無理

例えば、お買い物をした高額商品の時にはクレジットカードを使ったり、分割したい時があります。その時には債務整理後では審査落ちになります。

せいぜいこの程度のことです。配偶者がブラックリストでなければ、契約してもらえば良いでしょう。

配偶者に債務整理のことは言うべき

支払い義務が、連帯保証人でなければ配偶者は無関係です。ですから、私債務整理するといわなくても良いでしょう。

しかし、配偶者でありながら、債務整理のことし言えない。クレジットの場面で、審査に通らないとなった時に、それはなぜ?と問われるのなら、最初から告げる方が良いのでは?実情としては、とても債務整理のことは話しができないという夫婦も存在していますが。

結婚前の債務整理

これも大きな問題として存在しています。

例えば、独身の時の借金があるのに隠していた。債務整理したなんて知らなかった。そんな隠し事があり結婚してしまって、あとから問題になってしまうのも大変なことです。

夫婦になって、あれもこれも買い物したい。住宅ローンの契約したいけれど、債務整理後では全て審査落ちと言う結果も。職業や年収も関係しますが、債務整理の事実は早めに告げることが良いでしょう。

結婚前のお金のこと、債務整理のこと。そして、結婚後の債務整理等も夫婦の問題として解決した方が良いでしょう。

配偶者で言えない借金

これが大きな問題でしょう。

弁護士に相談したときには、任意整理程度で、少額ならごまかすこともできるかも?という提案もあります。それでも、配偶者に正直に話したら?と言われることも少なくないです。

もし多額の債務整理の場合では、配偶者に言わなければならない、自己破産等では、配偶者の立場も多少関係することがありますが。

債務整理が夫婦の問題

内緒の借金、内緒の債務整理というのが夫婦の絆を図る上でも大きな障害になってしまう場合があります。借金は確実に完済ができるのなら、内緒も多少は許せる場合もありますが、債務整理はそうはいかないでしょう。

夫の債務整理の影響について

夫が債務整理をした。妻としては、収入があるのなら、キャッシングもクレジットカードの契約も影響がありません。たいてい債務整理も5~7年程度経てば、情報更新になります。

そこまで待てば、債務整理も過去の話しで、夫もキャッシングもクレジットカードの契約もできるようになります。

借金なくなって良かった

債務整理した方も大方の感想です。確かに、返済が大変だったので債務整理したので正直な言葉です。

そして、クレジットができない自覚がありますから、クレジットカードの変わりにデビットカードを利用することで、普段の生活では大した影響もありません。

ある日、妻が新規でクレジットカード申込したら

なんと、途上与信になり、カードの発行ができないという事態になりました。これは、夫の債務整理が影響しています。

妻の途上与信とは、手続き上で夫婦、世帯の収入の確認をしたいと言うときです。妻という立場で、収入が少ないときには、安定した配偶者がいることが、審査の対象になります。その時に、夫の個人信用情報の確認がされます。

どの債務整理にしても、最後まで契約の完済ができないことでは、事故情報が付いています。それにより、今回の妻のクレジットカードの契約では、限度額が小さくなったり、契約そのものができないケースがあります。

専業主婦でアウトかも?

専業主婦でもクレジットカードの契約、銀行カードローンの契約ができます。この審査でも途上与信になったときに、専業主婦は収入がないことで、夫のことを調べたとしたら、契約ができないでしょう。

妻に十分な収入があれば途上与信もありませんが、少額の収入だったり、専業主婦の場合は厳しい審査になることがあります。個人信用情報機関の確認をされると、この場合の妻はなかなか厳しいのですが。

すべての場合で途上与信になってしまうことはありません。

原則的には影響なし

カードローンの多重債務者で自己破産してしまった旦那。旦那の信用情報は金融事故があるブラックリストが5~7年程度続きます。しかし、妻の信用情報には何の影響もありません。夫の自己破産も妻には無関係です。

ただし、専業主婦の場合は、自分では何もできない。配偶者の信用情報であってのクレジットの利用になります。しばらく時間はかかりますが、7年程度待てば、大丈夫です。新しいクレジットカード、キャッシングよりも、債務整理によって返済が軽くなったことに夫婦で喜びましょう。

ブラックリストだからといって、日常生活には何ら影響はないでしょう。借金の内容によっては、数百万円の支払いがゼロになることもあるのですから。
債務整理の恩恵を味わうことです。