住宅ローンからみの借金

住宅ローンは、契約当時はあまり先の事を考えずに決めてしまうこともあります。年収は順調に上がることを見込んだけれど、反対に下がってしまった、リストラにあったなど、住宅ローンそのものの払いができなくなってしまうこともあります。

こうして競売として手放す方も多いですが、任意売却と言って競売前に売却してしまい、住宅ローンだけでも完済することもできます。家は失いますが、住宅ローンもゼロになり再スタートを切ることができます。

ところが、ちょっとその前にあるていど住宅ローンの返済をしていると、その分からの借り入れができることもあります。不動産担保ローンの一つですが、返済している分からの借り入れで、住宅ローンの返済額は大きくなってしまったり、返済期間が伸びることもありますが、とりあえず自分の不動産を担保にしてお金を借りる方法です。

消費者金融や銀行カードローンなどでの借り入れも可能ですが、こちらの方が金利は低い可能性がありますし、住宅ローンと一緒なら返済も楽です。また、債務整理をしたあとで、消費者金融等からの借り入れができない状態である方などにも利用しやすいまとめローンの一つです。

もちろん、銀行が同意しなければできないことですが、不動産を持っているとお金を作る手段として使用することができます。ただ、この後の借り入れということになると、状態は厳しいと言わざるをえないでしょう。