滞納していたら借りられないのは当然の事

多重債務者の悩みで、滞納だけどお金借りれる?と思っている方、残念ですが、100パーセント借りられないと思って下さい。

滞納、延滞はNG

金融ブラックで知られる中小消費者金融は、ブラックOKの消費者金融会社です。多重債務者も債務整理者も利用者が多いのですが、ブラックOKの中に滞納と延滞は入っていないようです。いろいろな金融事故者に対応はしていますが、とにかく延滞を回避することができるのが絶対条件になっています。

カードローンの延滞

カードローンは簡単に申込ができて、数枚同時に使用する多重債務に可能です。返済さえ行う事ができれば、消費者金融ですねと総量規制範囲内での多重債務者は結構います。

完済目前のカードローン数枚使用は可能ですが、1つでも返済をしていないと、すぐに審査落ちになります。大手消費者金融はもちろんですが、中小消費者金融でも新規キャッシングができず、返済して下さいとの催促がきます。

取り立てという表現ではなく、最初はソフトに払って下さいと言うだけです。その時点での返済であれば、まだ2回程度の延滞ですと、あまりうるさいことはないですが、そこで新規のキャッシングはNGになります。

中小消費者金融の対応

仮に数ヶ月の滞納をしていたけれど、なんとか返済をした。このことは、個人信用情報機関では延滞になります。

大手消費者金融では、この記録だけで審査落ちですが、中小消費者金融では過去に延滞をしていましたね?という確認でキャッシングができることがあります。ここが甘い審査の金融業者ということですが、それも延滞後返済をした時の話です。

延滞、滞納中の対応は、悲しいもので、今の返済ができないのに、借りることはできませんと断られるのは当然のことです。大手消費者金融では審査も受けられない状態です。

ごまかしはできない

自分で返済をしていない事で隠しておこうはできないです。悟られないように申込をすることはできないことで、金融業者では必ず借入状況を確認します。

金融事故は、本人よりも金融機関の方が知っているのです。ですから、滞納している状態での申込そのものをしないことです。できることと言えば、滞納している金融業者に返済が難しいことを告げて、今後の返済の相談をしましょう。

返済も何も、これからの返済の見通しがつかない方は、債務整理をしましょう。金融業者ではなく弁護士に行くことで、債務整理をスタートさせることができます。