消費者金融会社が駄目なら闇金業者という選択

カードローンの滞納をしていると、新規のキャッシングができません。まだ、総量規制に余っているとしても、返済をすることが義務だからです。

信用情報において、返済が最大の関心事項であり、金融業者の判断は厳しいです。

滞納している?それは大変だ

そんな言葉を投げかけてくれるのは、闇金業者だけです。ソフト闇金を含め、個人信用情報機関の審査がない金融業者にとっては、他社の滞納は無関係です。ですから、滞納している分の借入もできます。

それは良かった、滞納だけどお金借りれる?とずっと探していたんだという方にとっては、ほっとする瞬間です。闇金業者で借入したお金が、滞納も解消できます。

とんだ勘違い

闇金業者をまるで消費者金融会社と勘違いしている方の行動です。この闇金融のほとんどが、とても高い金利でキャッシングを提供しています。その方法は消費者金融と同じで、なんとなく応募フォームから必要事項を入力できて、中小消費者金融のような甘い審査ですぐに振込もされるのです。

ところが、返済の話になると、トイチ、トゴと言われることが多いですが、これは10日で10パーセント、10日で50パーセントの金利の意味です。これで終わればまだ良い方で、10日で10パーセントがNGなら、また10日で10パーセントというように増えていくのです。ですから、闇金融のキャッシングは絶対にNGだと言うのです。

滞納している分が返済できたとしても、新たなキャッシングの返済の内容がひどすぎるのです。滞納している身分で借入しようというのが甘いのです。

ソフト闇金では審査落ちも

闇金融業者の一種のソフト闇金では、一応審査らしいものがあります。在籍確認がある金融業者もあり、金利は平均40パーセント程度です。消費者金融会社ではないのですが、滞納していたら審査落ちです。無収入も対応してくれないのですから、案外と厳しい内容です。

中小消費者金融よりも審査は甘く、闇金業者より優しい返済ですが、延滞と滞納に関しては甘い顔をしない会社が多いです。

絶対できないキャッシング

滞納している方は、キャッシングができないものだと認識して下さい。融資は返済ができる人だけのもので、今借りたい、そして滞納を解消したいという都合の良い事はできないのです。

電話で問い合わせをしたとしてもムダな行為であり、個人信用情報機関の延滞記録だけは絶対に隠せないことです。ですから、キャッシングができない方は債務整理です。多重債務者で返済ができない、キャッシングできない方の最終的手段としては、自己破産や任意整理しかないのです。