逃げちゃダメ 対応して見ると案外と道は開ける

消費者金融の返済が遅れると電話が鳴り止みません。とにかく、一度お話だけでもさせてほしいということです。

そんな電話に出るのは勇気がいることですが、きちんとお話をしなければ、永遠に電話はなり続けます。取り立てに関しては、一応の規制はあるものの、携帯電話や自宅の電話で通じないと、今度は職場にかかってきます。大抵そうなると、職場にいられなくなって辞めてしまうケースも多いです。

電話番号を変える方もいて、住所も変える。それもありですが、消費者金融としてもいつまでも追いかけてきます。

どうして逃げる必要がある?たまたま延滞をしているだけで、今は支払う事ができないからどうしましょう?と相談をしたら良いのです。それが冷静にできない、支払う事ができない、逃げようということになってしまい、負のスパイラルにはまってしまうのです。

消費者金融としては、滞納をしている方に対して、乱暴な事は絶対に言いません。経済状態を把握した上で、とにかく完済を目指した返済を考えてくれるのです。本来はその相談のために電話なのですが、延滞している方にとっては、すぐに返済を迫られると考えてしまうようです。

延滞は、金融事故とされています。返済ができないということになると、今までの返済方法を変えましょうと提案してきます。いくらなら支払うことができますか?契約を変えるのでは手数料だけを支払うと、返済できるように対処します。たいていこういった対応になります。言い方は少し乱暴かもしれませんが、本当に誠意ある対応ですので、安心して良いです。

逃げも隠れもしない方に対しては、延滞前の相談で消費者金融の対応は大きく変わります。最初は支払う事ができた借金に対しても、延滞前に危なそうと連絡をしたり、1度でも延滞をした時に、ほかからお金を借りることを考えずに、どうしたら完済できるかを相談してみましょう。

また、収入が大きく減ってしまい、消費者金融にも相談ができないという方は、弁護士に相談に行くことをお勧めします。債務整理をすることを前提になりますが、借金問題に得意な弁護士は全国にいます。

消費者金融としては、債務整理よりも、長期間かかったとしてもほそぼそと完済してくれる方が良いわけですが、どうしても自分で対応ができないときには、弁護士が行ってくれます。