緊急事態!滞納はまずい…すでに滞納…

お金は天下の回りものと言われていますが、その回らなくてはいけないお金の流れをカードローンなどの利用者が自らせきとめてしまうのが延滞です。滞納といったほうが馴染みのある人もいるかもしれません。

普通に生活をしていてお金が足りなくなるという人もいることでしょう。貯金をしているからお金が足りないという人は、貯金を切り崩してまで借入れをしないものです。しかし、貯金をしてなくてお金が足りないという人は、借入れをしてしまう傾向があるというのですから不思議です。

このことから、お金がない人、貯金をしていない人ほど借金などの借入れに走る傾向があるということです。言い方は悪いのかもしれませんが、貯金をしている人はお金を大切にする人なのかもしれません。

しかし、お金は急に必要になることが多いので、貯金の有る無しに関係なくすぐその場にお金がないということになれば、借入れもしなくてはいけなくなるでしょう。最初の1回目の借入れでしたら、会社員であれば銀行のカードローンを利用しても大丈夫でしょう。

融資の申込みをする際には、審査があることは誰でも知っていると思いますが、これまで銀行から借入れをしたことがないという人はブラックでもありませんから、キャッシングローンの申込みも問題なくクリアすることだと思います。

信用情報機関の与信情報もまっさらです。これまで借入れの経験がなかったら当然なのですが、それが逆に借入れの経験がない、すなわち返済の経験もないということで、きちんと返済してくれるのかわからないという判断で審査に落ちる場合があるというのですからカードローンの審査も奥が深いのです。

延滞はしてはいけない

カードローンは、銀行などの金融機関だけではなく、消費者金融会社などの金融業者からの借入れもあると思います。借入れをして一番を気をつけなくてはいけないのが延滞や滞納です。これは、契約書にもきちんと記載されていることですから当然のことです。支払日に支払いを行わないということは、契約不履行ということになります。

延滞しても遅延損害金を支払えばいいのでは?という意見もあります。確かに遅延損害金を支払うことになるのですが、それと同時に信用も失墜していますのです。

信用が失墜してしまうと、どうなるのかというと当然のことですが、新しく借入れをすることができなくなるのです。それでも借入れをしなくてはいけないというときは、サイト非公開情報となるような街金といった小規模の消費者金融会社からの借入れしかできなくなるのです。

街金はヤミ金では?と思う人もいるかもしれません。しかし、街金とヤミ金は違います。街金は貸金業協会の会員になっているような貸金業者です。ですから、利息制限法や貸金業法などの法律をきちんと遵守している貸金業者なのです。

いっぽうのヤミ金は非合法の貸金業者です。なので、本来なら存在していてはいけないのですが、法の網をくぐって存在し、消費者金融会社のカードローンを利用できない人向けに高利でお金を貸しているのです。

困っている人にお金を貸しているのだからいいのでは?という人もいることでしょう。しかし、金利が利息制限法や貸金業法で決められている上限金利をさらに上回る金利を利用者に課しているのです。そして、延滞しようものなら厳しい取り立てが始まるのはいうまでもありません。

ヤミ金に借りて返済に困るようになれば、自己破産したらいいのでは、あるいは債務整理でもと思う人も少なくないでしょう。もともとヤミ金は利息制限法などを遵守していませんから、債務整理や自己破産などで債務を帳消しにしようとしても、それに納得する業者ではないということをしっかりと覚えておく必要があります。

最初は銀行で借りで徐々に他社からの借入れも…

最初は、信用の失墜もなく属性も悪くなければ、銀行からの融資も普通に受ける事ができると思います。しかし、さらに借入れをしようと思えば銀行から融資を受けるのは難しくなってくることでしょう。さらに借入れが増えると、大手消費者金融会社からの借入れもできなくなると思います。

そうなると、中小消費者金融会社あるいは街金などの小規模な消費者金融会社からの借入れとなるでしょう。アローやライフティなどがその代表選手の消費者金融会社といえます。

もっとも、小さな消費者金融会社のほうが借りやすいからといって多額の借入れをしないようにしましょう。それが債務整理への道をひた走ることになるかもしれないからです。これは小規模な消費者金融会社である街金だからというわけではありません。金利が高いのもあるのですが、街金などの消費者金融会社からの借入れをしなくてはいけないという、利用者側の借金体質があるのです。

カードローンは利用しやすい借入れです。融資限度額内であればいくらでも入出金が可能なのです。そうなると、借金体質のある人は限度額まで借入れができると勘違いしてしまって、常に融資限度額内まで借入れをしてしまいます。それは融資可能額が限りなくゼロであるということになるのです。

そして、お金を借りることはできませんから、返済して融資可能額に余裕ができればまた借りるを繰り返すのです。金利手数料などがありますから、3万円返済して2万5千円の借入れができるということになると、返済しても借入れするお金が少なくなっていきます。考えてみると、3万円返済して2万5千円借りるのもおかしな話です。

書店などでは、キャッシング必勝法やキャッシング虎の巻なども売られていますから、それらを参考にするとよいでしょう。そのような入出金を繰り返していると、信用情報機関にもしっかりと記録されるので注意が必要です。