他社からの債務を繰り返すとどうなるの?

他社からの債務を繰り返すとどうなるのかというと、どこかで借入れができなくなります。

他社債務を繰り返すということは、複数の消費者金融会社からカードローンなどで融資を受けることです。これは、3回ならまだしも4回目以降、5社からの借入れとなると立派な多重債務となります。これはかなり返済もきつくなることでしょう。

消費者金融会社も、そのような債務状況を信用情報機関を通じて知ることになりますから、新たな融資は期待できません。というよりも、現在ですら返済に困っているのですから、返済のために借金をするのはわかりきっていることです。

いずれは資金繰りができなくなって、破綻することは目に見えているということです。いわば早いうちに任意整理の状態になるということですね。

最初は銀行カードローンか大手消費者金融会社のカードローン

借入れも最初の一つは銀行からのカードローンの借入れができるでしょう。借入れがないのですから、下手な履歴情報なども信用情報機関に登録されていません。正社員で安定した収入があれば、まず間違いなく銀行カードローンの利用ができるでしょう。

また、2回目のカードローンの利用となっても、他の銀行のカードローンの利用ができるかもしれませんし、審査に通らなければ大手キャッシング業者のカードローンが利用できるでしょう。しかし、そうした借金体質となると、すぐに3つ4つの借入れをするようになります。そうなると立派な多重債務者ですから、いずれは資金繰りに窮することになるのです。

返済が滞って延滞や滞納をする前になんとか手を打たなければいけません。その場合に頼りになるのがおまとめローンです。

おまとめローンとは?

おまとめローンというのは、複数ある債務の一本化です。多重債務となると、それも全て違う銀行や消費者金融会社からの借入れですから、返済日も違うでしょうし金額もまちまちでしょう。返済総額が給料の半分以上、さらには給料の3分の2以上となっていたら、それだけですでに破綻状態と考えていいでしょう。

そうなると、いつか資金繰りが悪化し返済ができなくなるのは間違いありません。そこでおまとめローンの登場なのです。

債務の一本化ですから、多重債務の合計借入れ額が300万円としたら、300万円の借金を一気に返済できるほどのおまとめローンとならなければいけません。言うなれば、300万円をおまとめローンで融資をしてもらって、それぞれの債務先の借金を完済するのです。そして、新たな300万円のおまとめローンを返済していくことになります。

このメリットは債務先が1社になること、そして返済日が一つになることです。気になる返済総額はあまり変わらないかもしれません。月々の返済総額を楽にしたいのですから、金利が変わらなければ逆に返済期間を延ばして月々の返済額を少なくするという手もあります。

消費者金融会社からの多重債務で同じような金利の消費者金融会社からのおまとめローンでしたら、金利も変わらないし返済総額も変わらない場合が多いです。しかし、おまとめローンの最大のメリットは文字通り多重債務を1本にまとめることです。

銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者は多重債務者を非常に嫌がります。その多重債務者から脱却したということが大きいのです。多重債務者ではないのですから、新たな借り入れもできるようになるでしょう。

もっとも借金が高額ですから、新たなカードローンの申込みも審査が通らない場合がありますが、それでも返済が一本化しているので精神的に楽になる部分も大きいのです。