延滞はなんとしても避けたいところ

資金繰りが苦しくなると返済も厳しくなってきます。しかし、なんとしても延滞は避けたいところです。そのために、誰もが新たに融資をしてくれる消費者金融会社を探すことでしょう。大手消費者金融会社がだめなら、中小消費者金融会社に融資の申込みをしようと考える申込者も多いと思います。

しかし、信用情報が悪いとどうしても審査に通る可能性も下がってくるのです。さらに、何度も審査落ちを繰り返すと、俗に申し込みブラックとされてしまうのです。

これはどういうことかというと、カードローンなどの融資の申し込みをしたとします。その申し込みに対して審査に落ちたとしたら、その審査に落ちたということが信用情報機関に記録されているのです。その記録は半年間は消えないとされています。

ですから、半年を空けて申し込みをしたらいいのですが、半年待たずに次から次へとカードローンの申し込みをしても審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録されていて、それが照会されることでわかってしまうのです。お金に困っているということがわかりますし、審査に落ちたという事実は何か問題があったのだろうというそれだけで審査落ちになってしまうのです。

したがって、申し込みをして審査に落ちた場合は、半年はその記録が消えるまで待たなくてはいけないのです。実際には切羽詰まってますから、そのように半年間も待てることはないでしょう。なので、審査に落ちないように確実に審査に通るような消費者金融会社をネットの口コミなどで探すのも一つの手と言えます。

審査に落ちた理由を教えてくれない

銀行や消費者金融会社に融資の申込みをして審査に落ちたとします。申し込んだ側としてはどうして審査に落ちたのか知りたいところでしょう。しかし、審査基準というのは、銀行や消費者金融会社によってまちまちです。その金融機関独自の審査基準があるのです。

しかも、社外秘という機密事項です。審査に落ちた理由を申込者に教えることは機密を教えるということになります。審査基準がわかってしまうとそれに対応した申込者も現われますから、審査基準というのは機密の中の機密事項として扱われているのです。

中には、柔軟審査をしてくれる消費者金融会社もあるでしょう。しかし、そのような消費者金融会社でも審査に落ちる人もいます。そのようなときも消費者金融会社は審査に落ちた理由を決して教えてくれないのです。大手業者などは徹底していますから、審査に落ちた理由を聞き出すことはできないでしょう。

漏れ伝わってくる審査基準も、銀行や消費者金融会社のOBからだと思いますが守秘義務もあるので、当たり障りのない一般的な情報誌か流れてこないのです。

ダメ元で融資可能限度額の増枠申請をしてみる

意外とできそうなのが、これです。融資可能限度額の増枠申請です。100万円の融資限度額でしたら、これを150万円の増枠申請をしてみましょう。他社で50万円の融資を受けるのと同じことになります。

すでに融資を受けているのですから、新規での申し込みよりも借入れしやすいかもしれません。この場合も審査を受けることになります。このときに延滞や滞納などをしていると審査に通ることはできません。

少しでも融資を受けたいのでしたら、他社への融資の申込みをするよりも増枠申請のほうが融資を受けやすいといえるので、是非とも検討してみたいところですね。