任意整理をしたい方へ

債務整理の中で、任意整理の場合は借金の将来払う利息をカットして、元金だけの支払う内容です。

カードローンの任意整理

カードローンでは平均18%程度の金利があります。返済の時には、残債に対して18%の金利が加わって行います。10万円のカードローンの借金で、1万円の返済額の時には、元金は1万ではありません。

そこで、この18%の利息は完済まで続くことで、債務整理で任意整理をしたいと言う時には、元金だけの返済で、総返済額が減ります。また、任意整理では裁判所も無関係で、債権者に、カードローンの場合は大手消費者金融などですが、直接債務整理を申し出るだけです。その点でも債務整理としては、一番簡単なことです。

本人だけの問題

任意整理を含む債務整理は、契約者本人だけの問題です。

例えば、夫婦で夫の任意整理に関しては、妻がいるのだから、利息の支払いをしなさいということはありません。夫が返済ができないというのだから、それは直接債権者と交渉をするだけの話しです。

すべての債務整理も原則的には、同居人の支払い義務はまったくありません。ですから、家族の同意なども必要はありません。

任意整理は弁護士依頼が良いのか?

任意整理に関しては、契約者が本人が行うことも可能です。電話をして任意整理したいので、将来の利息の支払い明細を出してもらう。そこから計算をして、毎月の返済額を提示して、債権者と交渉していくことになります。

この際に、契約者が申し出た場合では、消費者金融などでは、なんとか返済をさせようと説得したり、いちゃもんをつけてきます。これは法律違反ではなく、契約者の強い口調だったり、任意整理に対する知識なども必要です。

そこで、弁護士や司法書士では、債務整理の無料相談をしています。そこでは、任意整理のノウハウを教えるというよりは、依頼されたらこちらで行いますというスタンスです。費用はかかりますが、弁護士や司法書士に依頼した方が、任意整理はスムーズに進むことは確かです。

弁護士と司法書士などに依頼をするかしないかは自由な選択ですが、確実に任意整理ができるとの可能性は、依頼が妥当だと思われるのですが。

無料相談でわかること

自分としては、任意整理が妥当という債務整理ですが、本当は自己破産の方が良いなどの意見があることも。また、債務整理はしなくても別の方法があるとか、選択肢があります。

自分で任意整理の決意したときには、まずは弁護士などの無料相談の利用はオススメです。妻に知られずにという相談もできます。家族に内緒で任意整理というのも可能です。

妻に内緒で任意整理も対応

夫が作った借金の責任はすべて夫が始末するものです。任意整理しようとする夫の借金について、では妻が支払い義務があるかというと、その義務はありません。

作った本人が責任を持つ

カードローン、クレジットカードのショッピングなどで返済しなくてはならない。ただ、どうしても返済ができない。

妻は別に収入があるので、返済しようと思えばできる。しかし、カードローンの借金はあくまでも夫のものであり、妻が知らないふりでOKです。反対に、妻の借金も夫には関係ありません。

妻の支払い義務があるもの

よくある借金では、住宅ローンなどで妻が連帯保証人になっている場合です。

日常家事債務と言われるもので、夫婦の生活上で必要な借金であれば、妻の支払いも必要です。水道光熱費はもちろんですが、医療費、子供の教育費の借金は、同居する妻、場合によっては別居でも婚姻関係にある場合は妻にも支払い義務が生じることになります。

しかし、夫が作ったカードローンなどについて、債務整理で任意整理をしたいと言うときには、妻の存在は関係ないことになります。

夫の任意整理

もしカードローンの借金が、妻に内緒のものであるときには、コソコソと任意整理を進めることができます。これが、夫のカードローンの借金が妻に支払い義務があるときには、借金がバレてしまうことになります。

ということで、夫は内緒でカードローンの借金作った。妻に内緒で任意整理してしまうことで、秘密裏に債務整理をすることができます。

ですから、良かったということもあります。これが、家族に内緒で任意整理ができるとのことです。妻に内緒で借金、任意整理が可能になります。

弁護士や司法書士に依頼

弁護士や司法書士では債務整理の無料相談を受付ています。そこで、妻に内緒で任意整理という対応もしています。家族に知られないように、郵便物の工夫、電話のタイミングなどにも対応しています。

消費者金融に対しても、連絡方法では自宅の固定電話の番号は記載しない。家族に内緒で行うこともできます。

任意整理では、直接消費者金融などの金融業者に話しをするだけです。その上でも、妻に支払い義務がないだけではなく、妻に話すことなく、借金も任意整理もできることになります。失敗がないよう、弁護士や司法書士に依頼が良いでしょう。

弁護士と司法書士の違いでは、債務の金額によります。各法律家の公式サイトがありますが、ぜひ相談してください。夫が内緒で借金も任意整理もできますが、妻も夫に内緒で同様の対応ができます。
夫婦で秘密を持つことになりますが、どうしても言えない借金のこと、債務整理ではばれないように行うことです。
弁護士や司法書士も対応してくれるはずです。

夫の借金の尻拭いはした方が良い?

夫が作った借金。それを解決するために妻が支払うことは自由です。ただし、法律で支払いをする義務は制定されていません。

夫婦ですから、夫婦の借金として認識は良いのですが、妻が夫に対して返済ができないのなら、債務整理の勧めは間違いではありません。

その借金が内緒でした

夫は自分でカードローンで借入したい。夫婦の約束ごとですから、他人がとやかく言うことはできません。

また、収入がある夫が好き勝手に借金作ったとしてもそれは勝手なことです。妻に内緒であるのなら、その借金は妻に内緒で任意整理というのもありでしょう。

任意整理は、妻に言わずに行うことができます。ばれないようにするには、自宅の固定電話に電話がない、郵便物は自宅に届かないようにしない。それはしなくてはならないのですが、弁護士などに任意整理の依頼したときには、妻に内緒の借金であれば、そのまま任意整理もできます。

弁護士に依頼

弁護士としては、任意整理の依頼をされたのなら、どうして返済ができないかなどの理由を聞くことになります。

その内容で納得行くのなら、そのまま消費者金融、カードローン会社などの債権者に受任通知でこれから債務整理をすることを告げます。それができるのは弁護士であり、そこから債務整理決定まで、消費者金融などでは請求はしません。

妻に内緒で任意整理したいのなら、この依頼が良いでしょう。任意整理対応の弁護士などではまずは無料相談を受け付けています。

本当に妻の支払い義務はない?

弁護士も司法書士も妻がいるのなら、支払いをしなさいとは言いません。これは、債務整理に至る場合でもカードローンなどの借金は妻や家族には請求しないことになります。

キャッシングでは保証人も担保もないローンです。そこで、全ての責任が契約者が担うことになります。

妻が気がついた

夫が、債務整理しようと言うときに、妻がその事実に気がついたとします。

その時に、債務整理内容を知っている。その後の夫の運命を知っている場合は、夫がブラックリストになってしまうことで困ってしまうので、妻が自発的に支払う場合があります。

債務整理、任意整理などをしてしまうと、しばらくブラックリストになってしまいます。内緒の借金、内緒の任意整理をしてしまうことでは、そうしたデメリットはあります。ただし、このことが本当に夫のためになるのかは、今後の夫婦関係に繋がります。

一応、妻は夫のカードローンなどの借金については、支払い義務はありません。自分が支払うので、任意整理はしないでというのなら、それは妻の自発的な行為です。

ここで口コミを1つ

ある妻のつぶやきですが、夫が内緒で借金を作って返済ができないとなった。1度は、妻である私が支払いをしましたが、2回目の返済ができない場合は、任意整理をさせました。しばらくブラックリストになりますが、本人が悪く、好き勝手に借金ができないでしょう。

妻だからと支払い義務はないらしいので、任意整理はさせたほうが良い場合もあります。
 

妻に秘密で任意整理は可能ですが

夫婦の中では秘密がないほうが良いと言うのは一般論でしょう。互いに何かしらの秘密を持つ夫婦もいますが、うまく行っている場合もあります。ただし、借金についてはどうでしょう?

借金を内緒で作る

多分、互いに収入があり、返済ができる範囲なら問題はないでしょう。

最近ではペーパーレスでネットでの支払いができ、妻に内緒でカードローンなどでキャッシングもできます。返済能力があるのなら、キャッシングだけではなく、クレジットカードのショッピングなども、妻にわからずに行うことができます。

また、妻も夫に内緒でカードローンを作ったり、パートなどの収入程度でも利用ができます。順調に返済ができている間は、このようなことも普通に行い、バレることもないでしょう。

夫、支払いができない

思い切って借り過ぎて、カードローンの返済ができない。このときに、妻にバレ内容にするには、債権者に相談することが妥当です。

消費者金融などでは、毎月返済額を小さくして返済期間を延ばす程度です。それができれば良いのですが、根本的に返済ができないときは、任意整理が妥当です。

お勧めは依頼

このときに弁護士などの債務整理の無料相談をすることをお勧めします。司法書士でも良いのですが、自身の返済で任意整理では弁護士などの専門家に行う方が早いです。ずっと時間がかかるようでは、妻にバレるかもしれません。

妻の借金も夫に知られずに任意整理なら普通に行うことができます。

しばらくローンは組めない

ところが、任意整理の債務整理してしまうと、ローンは組めません。夫婦で何か大きな買い物をする、クレジットカードの利用などは任意整理をしてしまうと審査落ちです。

最近では、携帯電話の新規購入でもクレジットが組めないことになります。そこでバレるという結果に。

任意整理の前に、話しをして

夫の借金、妻の借金、理由があり返済ができないと言うときには、秘密にしているときには、正直に打ち明けたら?

妻の支払い義務はありませんが、やはり内緒で借金で勝手に任意整理というのは、後で影響が出ます。その借金内容がとても妻に言えない場合でも、ここは正直に話しをして、改めて任意整理の依頼を検討してください。

ちなみに妻に支払い義務はありませんが、支払いは自由です。

秘密があることは罪?

お金に関しては直接生活に響くものです。へそくり程度は良いと思われますが、借金の上、任意整理ということになると、やはり影響が大きいでしょう。

夫婦で大きな金額の買い物したときに、夫が審査落ち。どうして?と言うときどう言い訳しますか?各種ローンでは、カーローンや教育ローンなどの契約もできません。

やはり身近なところでは、今は携帯電話の新機種乗り換えではないでしょうか?分割ができないって、どういうこと?となってしまうでしょう。

自分の借金が返済ができないとき

夫の借金、妻の借金は互いに本人だけが返済義務があります。

カードローン、消費者金融、クレジットカードのキャッシングなどの借金の場合はあくまでも本人の支払うものです。配偶者の支払い義務はありません。

夫のカードローンの借金が半端ない

家族で夫名義で住宅ローンを組んだ。妻が連帯保証人になっている。カーローンも夫が契約した。携帯電話も夫が契約者というのは一般的なことでしょう。その上で収入がある夫がカードローンなどでキャッシングしていたとしても、返済ができるのなら文句もないことです。

妻も自身に収入があれば、カードローンも持つことができます。ただ、そのキャッシングがとても多くなってしまうことで、債務整理の必要があることも。それが任意整理であるのなら、内緒で行うことができますが。

内緒では無理

カードローンでは18%程度の金利ですが、多重債務になったり債務が多いことでは、返済額が相当行くことになります。

任意整理では、金利の支払いがなくなるだけですが、そんな程度では支払いができない。自己破産かも?民事個人再生かも?そうなると、内緒の債務整理は無理です。家族と話しをした上で決めることになります。

たまに妻が支払って解決との話しも

麗しい夫婦の話しですが、この事実を知って妻が完済して債務整理を回避。または親などで完済することもあります。これは義務ではなく、妻は何も言わずに、債務整理を推奨することもできます。

ただし、住宅ローンの場合は妻が連帯保証人になっているときには、妻にすべての完済をしなければならないです。保証人が契約者の支払いができないときには100%責任を持ちます。ですから、逃げることができない、妻に支払い義務が生じます。

カーローンの場合では車を失うことになります。こうして、家庭において大きな借金の債務整理では、妻の支払い義務があるもの、義務はないとしても影響が出る場合があります。

借金はしてはならないことはありません。20歳以上で収入があれば、消費者金融カードローン等は簡単に申し込みもできます。ただし、返済不能で債務が多いというのは、内緒にしておくことは危険でしょう。

債務整理の段階では家族と相談を

夫にしても妻にしても、内緒で1万円程度のキャッシングして、すぐに返す。その程度なら内緒もありの場合が多いでしょう。

しかし、債務整理しなければ、返せないほどの借金の場合は、正直に話しをすることです。その時には、互いにどうしようというよりは、弁護士や司法書士などに無料相談に行くことです。

このときにやってはならないことが、借金の延滞をしてしまうことです。その後任意整理も個人再生にするにしても影響が出ます。債務整理そのものは家族の影響が出るものであり、内緒で行うことはNGです。しかし、夫の借金は連帯保証人などになっていない場合、妻の支払い義務があるわけではありません。