↓↓法律相談カフェ↓↓
 

お金をなんとかして借りたい


属性が低いとなかなか、どこもお金を貸してくれないものです。俗に言われる属性という言葉ですが、この属性という意味は信用度屋返済能力といった言葉に置き換えることができます。銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者は、この属性によって融資の有無を判断するのです。

一般的に属性の善し悪しはたくさんの項目を積み重ねて、スコアリングすることによって決められることが多いです。項目は様々ですが、一番重きがおかれているのが、雇用形態です。正規雇用の人がもっとも属性が高く、次いで、契約社員、派遣社員、パートアルバイト、個人事業主、無職という順番に属性が低くなっているのです。これは、安定した収入があるのかないのかといった順番になっているのは、間違いありません。個人事業主については、収入の額によって順位がかなり変わってきます。いずれにしても、正規雇用の人とそれ以外の人では属性にかなりの違いがあると考えていいでしょう。

また、雇用形態以外にも勤続年数もかなり属性に影響します。そして、居住形態ですが、これも持ち家か借家かで属性がかなり変わってくるのです。持ち家の場合は不動産を持っているということになるので、属性は高くなります。いざとなれば、持ち家を担保にすることで、不動産担保ローンを利用できるメリットがあるのは言うまでもないところです。

一方で借家の人は財産が無いと見ることができるので、属性は高くなりません。というよりも低くなると考えていいでしょう。持ち家ほどではないのですが、自宅の電話があるかないかというのも、電話加入権の問題で属性に良し悪しに影響したことがありました。それは今でも多少属性に善し悪しに影響しているようです。

昨今では、属性の一つ一つを数値化することで、積み上げたスコアリングの点数によって、それを審査基準にしている金融機関や貸金業者もあるようです。たとえば30点をボーダーラインとした場合、30点を超えると審査に通り、30点以下の場合は審査NGといった具合です。こういったスコアリングシステムで、スピード審査をする金融機関や貸金業者も増えてきたようです。スピード審査あるいは即日融資といったことを前面に出している金融機関や貸金業者でしたら、このようなスコアリングシステムを使って審査をしているところが多いでしょう。

審査のスピードアップにつながるので、属性の比較的高い人にはもってこいのシステムと言えますが、属性に不安のある人は、申し込んでもすぐに審査NGとなってしまうので、次の借入れ先を見つける時間がすぐにやってくるといったメリットがある反面、申し込みブラックとなって審査落ちしたあとは、向こう6ヵ月にわたって融資の申し込みができないという事態になってしまうのです。

銀行カードローンの審査は、スコアリングシステムを採用しているところが多く、数字重視で審査が行われることが多く、その審査には情状といったものがありません。システムに則った審査となってしまうので、言うなれば血の通った審査にはほど遠いということが言えるでしょう。

一方で消費者金融会社の場合は、同じようにスコアリングシステムを採用している大手消費者金融会社が多いのですが、別に相談窓口なども用意されています。そこでは、オペレータとの対面で融資に対する相談をしてくれます。属性に不安のある人は、特に事前にそういった相談窓口を利用するようにしたほうがいいでしょう。メリットとしては、相談窓口に相談することで自分の属性のおおまかな部分を把握できることです。

また、審査に落ちそうといっても、それが信用情報機関で情報が共有されるわけではないので、申し込みブラックにならないという利点もあり、次の消費者金融会社の融資の申し込みがしやすいというメリットもあります。また、このような審査をするのは消費者金融会社では、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社です。一部の中小消費者金融会社でも行っているところはあるかもしれませんが、それ以外のほとんどの消費者金融会社は、スコアリングシステムを採用していない消費者金融会社です。というよりも独自審査をしている消費者金融会社が多いといったほうがいいでしょう。

大手消費者金融会社の審査に落ちて融資を受けることができなかった場合は、かなり属性が下がっている状況なのは間違いありません。それならどの消費者金融会社でもお金を貸してくれないのではないかと思うのですが、中小消費者金融会社や街金と呼ばれる消費者金融会社でしたら、まだまだお金を貸してくれるでしょう。審査基準は大手消費者金融会社よりもかなり下がっているので、融資の申し込みをしても通る可能性は高いと言えます。ブラックの人はどうかということですが、金融事故を起こして債務整理を行っているという人でも、ネットの口コミサイトなどでは、ブラックでも借りることができたという投稿を見ることができます。そういったこともあるので、債務整理をしてブラックになっている人でもあきらめずに融資の申し込みをしてみましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

何とかして借金10万円


毎月の返済が厳しくて、あと10万円あれば今月はなんとかできる…。そう思う人も多いことでしょう。しかし、返済するために借金をする場合それが10万円であれば、さらに10万円の借金が増えるということになるのです。利息もあるので10万円の返済のために10万円の借金をしてしまうと、次の返済額は当然のことですが10万円ではありません。ローンを抱えてしまうと返済しなくてはいけません。

もちろん簡単に貸してくれるところもあれば銀行のように、審査が厳しくてなかなか貸してくれないところもあります。審査落ちした場合にその理由を問い合せても、審査落ちの理由を回答してくれません。審査内容については公表しないようになっているのです。ですから、審査落ちした場合の理由を自分で考えなくてはいけないのですが、消費者金融会社で借りることができるからといって、銀行カードローンが借りれるとは限りません。

反対に銀行カードローンを借りることができるのに、消費者金融会社からお金を借りることができない場合もあるのです。銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者によっても審査基準はまちまちです。借りるほうも探りながら融資の申し込みをしなくてはいけません。はっきりしているのは、金融事故を起こして債務整理をしている場合、いわゆるブラック状態の人ですが、こういう人は銀行や消費者金融会社からお金を借りることはできません。金融事故を起こして信用はゼロになっているのですから、当然と言えるでしょう。

また、債務整理の中でも自己破産をしている人でしたら、さらに信用は失墜しているのでどこからもお金を貸してくれることはないでしょう。弁護士に相談しても弁護士回答としては、債務整理を主に処理してくれるので、どうしたらお金を借りることができるかのアドバイスをしてくれることはありません。確実なのは、信用情報が回復する5年あるいは10年の経過を待つことくらいです。

10万円のお金を借りる場合、それが生活日ということでしたら、かなり厳しい状況と言えるでしょう。金額もさることながら、生活日に充てる状況を考えると、他にかなりの借金があると考えられるからです。債務整理でも任意整理であれば返済は続きますが、金利が軽減されたり返済は楽になっているので、生活も楽になることでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金10万円を成功させたい


10万円を借りるのはそれほど難しいように思えないのですが、実際に複数の他社借り入れがある場合は難しくなります。それではうちには住宅ローンがあるから、お金を借りることはできない…と思う人も少なくないと思いますが、カードローンの申し込み書の債務残高の欄に「住宅ローン以外」といった記述を見ると思います。多くの場合住宅ローンは債務に入れないのが慣例となっているので、住宅ローンの有無は気にしないでいいでしょう。

それよりも複数の債務があれば、なんとかして債務数を少なくする方法を考えなくてはいけません。そのためのローンがおまとめローンです。複数の債務を一本化するために、現在の債務残高を借り入れて、すべての債務の返済を行い、残ったおまとめローン一本で返済する方法です。こうなると複数債務ではありませんから、複数の他社借り入れにはあたりません。債務残高は変わりませんが、場合によって金利が低くなっていることもあるので、結果として月々の返済総額が軽減されることもあるので、おすすめの返済方法なのです。

多重債務で借り入れができない、10万円をどうしても借りたいと考えている場合は、おまとめローンを考えてみるといいでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金10万円を返済に充てたい


なんとか10万円を借りて今月の支払いをしたい場合は、既存のローンの返済方法として最低返済額に設定して、少しでも返済を楽にする方法を考えたほうがいいかもしれません。

また、月々固定の返済をしている場合でも、リボ払いにすることによって月々の返済が楽になる場合があります。リボ払いと聞くと諸悪の根源のように思われがちですが、それでも返済不能になるよりもましな返済方法です。月々の返済額が変わらないので楽になるのは間違いないのですが、その分返済期間が延びます。それがリボ払いで注意しなくてはいけないところです。

リボ払いに慣れてしまって、利用可能額が空くと借金を繰り返すような生活になってしまうと、返済がなかなか終わらないということになりかねません。ですから、リボ払いも困ったときは便利なのですが、後の返済期間など返済計画をしっかりと練るようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

10万円借りることができない


八方手を尽くしてもお金を借りることができない場合はどうしたらいいでしょうか。仮になんとかお金を工面しても次の月が困りますし、新たに借りた借金の返済もしなくてはいけません。無理に作った借金は無理に返済しなくてはいけないので、結局のところは堂々巡りとなってしまうのです。結果として返済不能となり、債権者と債務者の間での話し合いとなるでしょう。

借金の返済のための借金となると、後の返済の目処をしっかりと立てておかないと、失敗するほうが多いということもしっかりと覚えておきましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓