借金に法律があることの功罪

借金をする。カードローンにしても、クレジットカード、各種ローンもすべて法律があります。

それぞれの法律を厳守している申し込みでは、世間的には正規金融業者、正しい貸金、キャッシングとして知られています。それが、大手消費者金融や中小消費者金融など、銀行、信販会社などです。お金を借りる、借金に関しては法律で守られていて、法律の範囲内での行為になります。

法律が存在していることのメリット

それが、利息制限法での上限20%の金利が守られていることです。

例えば、住宅ローンなどでは現在1%台の金利です。そして、キャッシングなどでは18%程度の高い金利ですが、利息制限法を厳守していることで、20%を超えることはありません。仮に、21%以上の金利でキャッシングしているとしたら、闇金扱いになり法律違反になります。

法律があることのデメリット

以前のサラ金では、収入がない無職でも20歳以上であればお金が借りれた。それが、今では収入がなくてはならない、法律に則った審査をして借りれない人もいる。厳しくなったなぁ、それも法律のせいであり、借りづらくなったというのも事実です。

申込者に対してのデメリットもあり、専業主婦などは消費者金融では借りれないという事実があります。前は借りれた、法律が改定したことでは、キャッシング戦国時代というものです。

ただし、この時の無職でも専業主婦で借りれた時代では金利は利息制限法の縛りがなく30%超のグレイゾーンでした。

今の借金事情

住宅ローンにしても、教育ローン、キャッシング、カードローン、クレジットカードも法律範囲内の審査があります。その上で、利息制限法範囲で安全な借り入れができ、返済が無理なくできるようになっています。

この法律の背景としてはいろいろとありますが、あまり無謀なキャッシングができない法律ですが、それは安全な返済のためです。

法律で借りれるのなら

借金が法律の範囲内であるのなら、債務整理も法律の1つです。

債務整理は、審査で借りることができたとしても、時代とともに返済ができない時には、交渉次第で減額ができるというものです。この返せない人のための最大の優遇措置は、法律に守られた対応です。

確かに、申し込みの時には審査通過ですが、その後様々な事情があり返せない時には、正当理由があれば、この借金はチャラにできることもあります。法律範囲内の借金での縛りはありますが、返せない人に対しての恩恵もあります。

これが、法律以外の借金であれば、返済ができないと申し出たとしても、無理な取り立てが来るでしょう。高い金利で、返せないと言っても対応してくれない。これが闇金の仕業です。借金に法律があることに改めて感謝のことでしょう。

借金返済できない時の取り立て、法律の有無でこんなに対応が違う

借金の返済ができない時には、金融業者らに直接相談してください。

この時に、文句を言われて何が何でも即刻返せとは言わないでしょう。それが、返済日に入金なしで無視していると請求は来ますが。その時も、しつこい電話などはありません。

借金に関する法律

取り立てに関しても、自宅に押しかける、勤務先に電話をする、夜中や早朝に請求の電話をすることは法律で禁じられています。もちろんそれでも借金の契約してしまったので、完済は義務です。平日の夕方、休日の昼間の電話程度で、しかも毎日取り立てを続けることは法律違反です。

例えば、大手消費者金融などでも、1ヶ月程度はのらりくらりと逃げることが可能です。もちろんやってはならないことであり、個人信用情報機関上では遅滞延滞になっています。

ただし、法律で厳守されている金融業者では、大した内容の取り立てはありません。ですから、なんとなく遅滞もしやすい様子になってしまうのも仕方ないことです。

サラ金の取り立て

ガラの悪いお兄ちゃんがドアを叩く、近所にわかるように大声で請求する。サラ金の取り立ての様子ですが、今法律範囲内の消費者金融などではこのような対応はなしです。

もし、乱暴な請求や取り立てをしてしまうと法律違反になってしまう。ですから、紳士的な取り立てと請求をしてきます。最終的には、逃げ回る延滞者に対しては、訴訟を起こす形になりますが。

取り立てが大したことがないのなら

実は、この消費者金融の延滞遅滞者はとても多いです。法律でおとなしく請求していたとしても、返事がないと、取り立ての訴訟になります。それでも無視してしまった時には、給与の差し押さえも可能です。

すべて法律の範囲内であり、消費者金融としてはとことん請求の手を止めないでしょう。しかも、法律で決められたことです。

闇金は相変わらずの取り立て

闇金とは、消費者金融とは名乗ることができない金融業者っぽい集団です。ここでは法律がないので、借りたら高い金利ですし、取り立ては相変わらずです。

取り立ての内容では、勤務先にも、家族にも平気で行う。電話では24時間鳴り止まないということです。どんな取り立てをしても法律は関係ないことです。ですから、闇金からの借り入れでは、最初から返済が大変な内容。しかも、返済ができないと大変な目に遭います。

消費者金融の返済では

取り立てが紳士的とはいえ、それは契約者は違反行為です。返せない時には、消費者金融などに相談をする。きちんと対応してくれます。また、もう完全に返済ができない時には、債務整理をすることです。

法律の範囲内でお金を貸している金融業者は、法律範囲内の減額ができる債務整理が正しい方法です。しかも、債務整理は弁護士や司法書士、裁判所が介在するもので、どちらかというと返済ができない契約者のためのものです。法律で契約者を守るための対応としての内容になっています。

審査と債務整理の関係

借金の申し込みの時に審査があります。自分に非がない時には何の抵抗もありませんが、いざ審査落ちなどの事態では、どうして審査があるの?と思う人もいます。

審査があるのは法律があるから

現在、正当な金融業者は、貸金業法、銀行法によって貸金しています。その上で、審査をすることで、金融業者がその選別をしています。

審査落ちしてしまう方の多くは、返済能力がないと判断された場合です。その内容では種類がありますが、無職である、未成年である、債務がとても多いなど、金融業者にとってはそれぞれ基準を設けています。それがあくまでも法律の範囲内のことです。

審査落ちしてしまった時には、いずれかの問題があることで、残念ながら今回の借金の審査が通らないことになります。

審査が通らないことでどうする?

借りない、借りられない現実を目の前にして、この借金は諦める。それが正しい方法です。ただ、どうして借りられないかを理由を探求することも必要でしょう。

無職であれば、収入がないので返せないということ。未成年者であれば、もともと法律で貸してはならないことになります。

そして、債務が多い時には、カードローンの多重債務者になっている。多くのキャッシングをしていて、ローンなども延滞遅滞などをしている。収入もあり、20歳以上なのに借りれない。しかし、返せないという時には、自身の借金の解決をしなければならないでしょう。

中にはたくさんの債務があり、たまたま申し込みしたけれど審査落ち。お金がないから返さない。そんなことで逃げているツワモノもいます。この逃げが絶対にやってはならないことです。

債務整理の選択

法律の範囲内の借り入れをしている。大手消費者金融、銀行カードローンなどでは全て法律の審査を受けたからのことです。

しかし、多く借り入れをしてしまい、新規でキャッシングもできない。その時に債務整理がオススメです。この債務整理も法律の範囲内であり、消費者金融などとしても、債務整理はしてはならないと言えないことです。

要するに、返済ができない借金がある時には、法律の債務整理を行うことで、返済の金額を減らすことができます。正当行為です。

審査落ちが1つの指標

キャッシングの審査に通らない。それが、債務が多いとか、返済していない借金があるなどです。審査では、金融機関が持つ個人信用情報機関で確認します。これも法律範囲内のキャッシングだったり返済の記録です。

ちなみに法律がない闇金の情報は持っていないのですが、法律範囲内の借り入れが新規でキャッシングができないほど多い時には、審査落ちになります。その時には、ほぼ債務整理した方が良いと判断されるのですが、この債務整理も強制ではなく、自発行為になります。自身でこれはまずいと思わなければならないことです。

借金返済ができないから債務整理、金融業者はピンチ?

債務整理は法律で借金の契約者を守ることです。

数年前から話題になっている

テレビCMなどで法律事務所が出てきたのは、貸金業法改正により金利設定が変わったあたりからです。

金利が利息制限法の制定で20%以上の借金をしていた方は、今まで多く支払いをしていた金利は返金してもらえる、過払い金請求ができる。それを弁護士が代行しますというものです。2007年からのことですが、それに付随して、借金の悩みは法律で解決しましょうとのことで、債務整理の話題がクローズアップされています。

債務整理は、借金を楽にすることができるというものです。過払い金があれば、文句なく請求ができて、その上債務相談として借金の減額を行うことができるというものです。

弁護士と言えば

債務整理のCMでは大手ばかりですが、インターネット上では多くの債務整理ができる弁護士、司法書士の公式サイトが公開しています。それだけ借金に関しての相談ができるという内容です。

消費者金融はどうする?

消費者金融にしても、カードローン、金融業者では契約者が債務整理したいと言うのは止めることができません。

審査でキャッシングをしました。債務整理で自己破産になれば、残債の返済ができない。大損の内容ですが、消費者金融などではみているしかないということです。

ただし、自己破産にしてもそれなりの理由が必要です。債務整理では種類がありますが、最初は返済ができた契約ですが、返済ができない事情があれば、法律上で申し出ることで、借金をチャラにしたり、減額ができるものです。

法律が契約者を守るということですが、一応債務整理した金融業者とは再契約は無理でしょう。しかし、国内には金融業者が存在しているので、心配はありませんが。

法律範囲内とは言え

金融業者が大損の債務整理ですが、それは想定内でしょう。以前のように、消費者金融などでは取り立てが激しく行うこともできません。

契約者が返済ができないという時には、弁護士や司法書士が介在して、債務整理に必要な書類があれば従うしかないでしょう。金融業者としては苦しいことですが、法律で契約者を守る債務整理が存在することで諦めるということです。

貸金業法改正時の貸金業者

今まで高金利のキャッシングができた金融業者では、貸金業法改正で大きく経営が傾いたようです。

その時に弱体金融業者では倒産してしまったと言いますし、大手消費者金融も時を同じくして大手銀行の傘下に入りました。過払い金返金では無条件での返金でしたし、債務整理者が増加することで、金融業者として停滞経営になっているのは確かです。

しかし、債務整理も法律の範囲内であり、返済が大変な契約者にとっては、救世主的な存在です。正しく早い債務整理では、弁護士や司法書士の依頼がオススメです。

借金返済で悩みがあるのなら、債務整理を

債務整理をする時に、その行為はいけないと思うことはありません。返済ができない借金がある時に、法律で守られる債務整理では、きちんと正当な理由でこの借金をなしにしたり減額する。法律で守られた方法です。

弁護士や司法書士の債務相談

現在債務相談は弁護士などが介在することで正しくスピーディーに行うことができます。それは、法律に準ずることであり、弁護士などでは専門分野です。

債務整理の内容は、借金があるけれど、○○の理由で返済ができない。それを認定してもらうものです。金融業者などでは、それが正しい手続きであるのなら、仕方ないと思うしかありません。そして、貸金上では債務整理も認めることになります。

債務整理について

自己破産などでは、キャッシングの返済がゼロになります。免責として、その借金がなくなります。それがたとえ何百万円だとしても、です。法律範囲内のものであり、弁護士や司法書士が対応しています。

また、任意整理などでは、金融業者に直接交渉して、これからの金利だけのカットになります。元金だけの支払いで再生計画を立てます。

債務整理というと破産だけではなく、内容は種類があります。それぞれのメリットとデメリットが存在していますので、その判断も弁護士などが指針を出すことができます。債務整理の最終判断は自分で行うことになりますが、返済ができない時の債務整理は是非検討してください。

弁護士費用は高いのでは?

確かに弁護士も司法書士も高い費用がかかります。ただ、債務整理そのものが法律の内容であり、自己破産などではその手間が大変です。報酬としての費用では当然のことですが、弁護士などは無理な支払いは強要しません。

いよいよ心配の場合は、公的機関である法テラスでの相談では、費用の建て替えなどもあります。本来返済ができない借金を抱えて困っているよりは、弁護士などにまず相談してください。

法律無関係の闇金も

法律は関係のない闇金もあります。借用書もなく、金利が暴利で、取り立てがひどいです。

弁護士などでは闇金対応の所もありますが、間違って闇金からの借金してしまった時には、弁護士などに相談をしてください。法律外のキャッシングそのものが違反であり、その場合でも闇金対応の弁護士や司法書士なら対決ができ、解決もできます。

借金で困ったら

借金の返済で不安なことがあるのなら、弁護士や司法書士の債務相談が良いでしょう。

キャッシングなどの借り入れが多いけれど、住宅ローンはどうしよう。既に延滞遅滞してしまってブラックリストになっているけれど、何か方法はある?必ずアドバイスがあります。

借金のことで悩みがあるのなら、すぐに相談しましょう。無料のところもあり、必ず公式サイトで確認してください。