借金相談は匿名でできるけれど

借金についての相談を法律事務所や司法書士事務所で簡単に行える様になりました。
インターネットを使ってメールで相談だけではなく、電話やシミュレーションを使って借金の相談ができます。

匿名可能な場合は多いけれど

シミュレーターでは、匿名でも相談ができますし、電話口でも匿名にしたいと申し出ることは可能です。
しかし、メールアドレスや電話番号を聞かれることは多いです。

この電話だけで完結したいという場合以外では、名前は匿名でも個人情報は少しは披露しなければならないようです。
法律事務所の中には、匿名不可の場合もあります。

匿名の意味はない

相手が法律事務所であり、個人情報保護に関しては一番安心できる相手です。
ですから、わざわざ匿名の必要はないのですが、心情的に本名は名乗りたくない。
さらに、アドレスもフリーメールで対応したい方も少なくないでしょう。

電話にしても、できればかけてほしくないのも本音かもしれません。
その旨はきちんと伝えれば良いことであり、匿名では弁護士などもここまでの話ししかできないということになることがあります。

匿名で聞ける内容は限定される

実際に自身の借金のことで詳細に説明を求めるのなら、最後まで匿名ではできません。
債務整理って何?多重債務者ではどうしてダメなの?
任意整理のこと教えてくださいという一般的な質問に対しての回答しか得られないでしょう。

では、こんな借金の場合というときには、信用情報の照会などをしないと、弁護士などは正確な情報を伝える事ができません。
こんなことで困っているという具体的な借金相談をしたい方は、匿名では解決できないことが多いでしょう。

最後まで匿名にしたい場合

シミュレーターでは、だいたいの自分の借金概要を伝えることができます。
古い契約の借金があれば、過払い金返還請求ができるかもしれない。
この債務の状況なら、任意整理が良いかもしれないという予測だけの結論しか伝える事ができません。
それを踏まえて、最後まで匿名での借金相談は解決の道筋ではなく、債務整理って何?という段階の回答だけ得られると思ってください。

そして、本名を名乗ったり、個人情報を伝えたからと言って、必ず債務整理の契約をしなければならないことはなく、相談だけでも大丈夫です。さらに、同じように他の弁護士事務所に話したとしても、情報が漏れることは絶対にありません。
気軽に相談をしてください、匿名でも良いですからというのは、債務に悩む方に、このままで行けない危機感への警鐘です。

本当に債務整理をした方がよいと判断をしたときには、匿名は解禁解除で個人情報を伝えましょう。
相談内容も得られる情報も全く違ってきます。

借金相談の匿名は気軽に行えるため

法律事務所や司法書士事務所での借金相談は匿名で良い場合も少なくありません。
最初に弁護士や司法書士に話をするのに、間口を広く、レベルを下げて気軽に話をしてほしいという配慮です。

メールで相談をしたい

口下手であり、弁護士や司法書士との会話では緊張してしまう。
そんなときには、メールでの相談もできます。
電話だと話ができない環境にいるとか、なんでも質問をするのは、メールの方が聞きやすいなどが理由です。
その時に、匿名や苗字だけで対応もしてくれます。

任意整理診断、借金減額診断などのシミュレーターでも、メールアドレスや電話番号は記入しますが、匿名でも受けることができます。
電話はしないでほしいという要望にも応える事ができます。

相談をうける側としても、匿名であるのなら、それなりの回答しかできません。
しかし、個人情報として本名を告げたくない相談者に対しては、あえて本名を名乗ることを要求することはありません。

話を聞きたいだけ

債務整理について、借金の悩みを聞いてほしいだけであれば、匿名でもできます。
本名が必要になるのは、具体的な債務整理の内容を正確に伝えるときです。
この程度の多重債務者であるのなら、任意整理が良いとか、住宅ローンがあるのなら個人再生の方法があります。

自己破産ではこんな内容の債務整理です。
匿名で得られる債務整理の状況はこの程度です。
もし、借金相談として、知識だけを知りたいのであれば、十分に対応してくれることでしょう。

本人以外の相談もできる

借金相談では、本人以外の相談ができます。
この場合、依頼は無理です。夫の借金がこのくらいあり、どうしたら解決ができますか?
本人はこうしたいと言っていますが、なんとアドバイスをしたら良いでしょうか?

このような借金相談も匿名で行えるでしょう。
匿名の借金相談では、どんな債務整理があり、必要とされる書類などの確認ができます。

弁護士や司法書士が怖い

存在的に遠すぎる立場であり、話をするのにも緊張感があります。
本当は、すべてを話して懐に飛び込むことで、解決ができる借金相談はとても多いです。

しかし、その前に様子見の観点から、匿名で気軽に借金相談をしたい。
そんな要望に応えるのが匿名で行える借金相談でしょう。
メールだけではなく、シミュレーターを利用するとある程度の債務状況も報告できます。

その後、メールや電話で解説がありますが、最後まで匿名で話しもできます。
ただし、自身の借金の全容を話さなくてならない事態になった時には、匿名では対応できません。
また、自分以外の借金内容で個人情報照会などをしてもらうことはできません。

匿名で行えるシミュレーターでの借金相談

匿名で債務整理や借金の相談ができるサイトがあります。
ここは法律事務所でもなく、シミュレーターサイトです。

あなたの借金はいくら減額できる?

そんな宣伝文句のサイトですが、売りとしては、匿名でも相談ができ、無料であることでしょう。
その匿名ですが、シミュレーターですから情報を送って、自動返信でOKではありません。
どんなシミュレーターでも最後には、自身の電話番号やメールアドレスが必要です。
これがなければ回答が得られません。

債務整理では、これだけの借金であれば任意整理診断ができるというものではありません。
1人1人の借金の内容は全く違っていて、債務整理の方法も経緯も変わってきます。
そこで、シミュレーターで匿名相談したとしても、次からは人間相手の相談になります。
その人間が法律家です。

どうしてわざわざシミュレーターを利用する?

シミュレーターの内容で、都道府県の項目があります。
これは、お住まいのそばの法律事務所などの照会をするためです。

借金相談だけなら、全国の法律事務所でも大丈夫ですが、実際の債務整理の契約では、お近くの法律事務所の方が都合よくできます。
これは、個人再生や自己破産では簡易裁判所に出向くことがあるからです。
遠くの弁護士事務所などでは、出張費がかかることも少なくないです。

お近くの法律事務所に相談をしづらいから、シミュレーターでお近くの弁護士を探す。
そのようなことから、シミュレーターの利用価値もあります。

シミュレーターの診断結果

どの程度の情報提供をしているかでも変わりますが、あなたの借金の内容からいくと、◯◯が妥当だと考えられます。
もっと詳細な情報を提供してくださいと連絡が来ます。
この時に、個人情報として匿名ができない場合がありますし、あくまでも匿名範囲内での情報が良いと申し出ることできます。

本名を言わない、信用情報照会もできないのであれば、この方法が妥当だと考えられますの回答が永遠と続くことになります。
それでも良いのなら、シミュレーターでの最後まで匿名敢行でもOKです。

シミュレーターのサイトでは、あなたのお近くの法律事務所の紹介のマッチングサービスです。
あとの対応はそれぞれであり、契約をしなければならない義務もありません。
シミュレーターでの借金相談では、あくまでも相談であり、実際に契約となると匿名ではできません。
そして、その選択は自由であり、弁護士や司法書士も強要はしないことでしょう。

匿名で借金相談をするということ

例えば、借金が多すぎて支払いが大変。
リストラにあってしまい、返済ができない。
多重債務者になっているけれど、このままでは不安。
そうした時に相談をするのは、法律相談などでも行う事ができます。

消費生活センター

消費生活センター、法テラスなどでは完全無料で相談ができます。
ただし、こうした機関では匿名は絶対に使えません。
氏名はもちろんですが、住所も必要であり、個人情報をしっかりと伝えることになります。
いずれも、その場での借金相談ができず、弁護士事務所などの紹介になります。

弁護士事務所に行ったときには、ここからの匿名も使用することができず、本名のまま対応してもらうことになります。
ただ、相談=契約ではありませんが、弁護士事務所などでは相談料を徴収することもあります。
必ず確認をしてください。

こうした機関では、匿名の借金相談ができないと考えてください。

民間の借金相談と言えば

インターネットのサイトで多く公開されている法律事務所、弁護士事務所、司法書士事務所の無料相談とか借金相談の案内です。
弁護士事務所の中には、匿名禁止の場合もあり、個人情報を最初から公開しなければならない場合もあります。

しかし、匿名でもOK、シミュレーターを用意している。
メールやラインで相談ができます。匿名でもよく、回答に対しての応対の義務も必要ありません。

匿名で借金相談をしたままでも良いので、本当に気軽に相談ができます。
匿名と無料の理由は、借金に悩む方が気軽に相談をしてほしいという窓口になっているからです。

相談だけで解決できる?

債務整理の依頼をするのには、匿名では無理な話しです。
また、具体的にこんな借金であり、いつから借りている、いくら返済をしているなどの情報が必要なときには、匿名での相談ができません。

アコムから借りている、いつからいくら借りている。
返済状況の確認や利息の確認などは、個人情報がなければわからないことです。

債務整理都市の解決はできないものの、いまの自分の借金では債務整理をした方が良いとか、債務整理はこんな感じで行われることを知りたい程度です。債務整理の内容と詳細な方法だったり、的確なアドバイスを受けたい時には、匿名の借金相談ではできません。

簡単と言われる任意整理診断

それにしても借入金や履歴の情報が必要になります。それにはだいたいこのくらいの借金がありますという情報では、診断ができません。
最初の相談の窓口として、匿名無料相談が設置されていると思ってください。

女性限定の借金相談も匿名で可能

消費者金融の借金、奨学金の返済などが払えなくなった場合、そのままにしておくのは厳禁です。
遅滞をしたとしても、返済ができるのなら、その旨の説明をしてください。

しかし、債務整理が必要であるのなら、借金相談をしてみましょう。
匿名でもできる無料の借金相談ができます。

債務整理ができますか?

生活費がないほど借金が多い、結婚をしているけれど配偶者に内緒で任意整理ができるのか。
月々の返済負担を少なくしたいなどの話しができます。
夫だけではなく親兄弟などにも内緒にしたい借金などでも相談ができます。

自分の身分は明かしたくないので、匿名で話しをしたい場合も聞いてくれるでしょう。
消費生活センターなどでは、匿名は対応していないですが、弁護士や司法書士の借金相談では、匿名で無料で行えることが多いです。

過払い金返還請求ができますか?

このような具体的な内容になると、匿名では回答できないことが多いです。
最近の借金契約だから、過払い金返還請求はないすもしれないという曖昧な回答になってしまうので、具体的な数字が出る時には、匿名での借金相談ができないと思ったほうが良いでしょう。

個人情報がなければ、これ以上の回答できないと言われた時、それ以上の情報提供をする必要はありません。
借金相談については、途中で切ることも自由です。

女性限定の相談もできる

法律事務所などでは、女性スタッフ対応の借金相談もあります。
女性の借金では、デリケートな話しをしなくてはならない場合、女性の弁護士などに話すことができます。
匿名でもOKですが、詳細な情報が必要な場合は、匿名ではできないこともあります。

そして、◯◯さんにはこうした債務整理が最適ですという提案をされることになります。
それには絶対に従う義務もなく、任意債務整理なども参考にしますと持ち帰っただけでもOKです。
無料診断なども、相談だけのサイトです。

匿名では断りやすいメリットがありますが、もし名前を告げたとしても、そのまま断っても良いので、軽い気持ちで相談をしてください。
掛け持ち相談も違反行為ではありません。

相性も大切

弁護士も司法書士も人間であり相性もあります。
話し方が合わないとか、なんとなく相談しにくいことで、断ったとしても良いでしょう。

そのまま連絡不通にした。
自分の個人情報は大丈夫?という不安は必要ありません。
弁護士や司法書士に関しては、個人情報流出は絶対にありません。
相談しっぱなしでもOKですから、借金相談は気軽に行い、匿名にこだわる事も可能です。