↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

キャッシングの返済で悩んだときに取るべき行動とは?


日々の生活費や急な出費などで困ることとなり、金策に走らなければならなくなったとき、その際の解決手段としてキャッシングなどのサービスを活用する人が存在します。

しかし、借りたときにはキチンと返済していけると考えていても、いざ返済をスタートさせてから想像以上に返済が厳しく感じたり、自分の仕事やアルバイトの収入事情や支出事情が変わってしまい、家賃などの生活費の支出も重なって元々予定していた通りの返済ができなくなることもあります。このような事態に陥った際に悩みつつも放置してしまう人がいますが、これは最もやってはいけない行為と言えます。

無論、放置しながら悩んだ末に、最終的に返済期日に約束通りの金額が返済できれば何も問題ありません。しかし、放置した挙句に返済ができないということになれば大変です。遅延損害金が即座に発生することもあり、返済額が増えることも多いです。さらに、返済が遅れるとその事実が信用情報機関にもあげられ、他社も含めてその情報が知れ渡るために、おのずと信用ブラックのような状況となって、そのほかのクレジットカード審査などにも影響を与えてしまうことがあります。

また、返済が遅れてしまえば利息がどんどん増えていき、それだけ自分の負担も大きくなります。そのため、悩むのであれば期日が来る前にまずは消費者金融やキャッシング会社などに自ら連絡して遅れる可能性があることを事前に伝えることもひとつの手です。

先方から催促の電話を受けるよりも事前に連絡しておけば、場合によっては遅延や延滞の扱いをしないで待ってくれることもあります。これだけで返済額は大きく変わりますし、業者サイドへの印象も大きく違いますので、早めに連絡することが大切です。遅れるにしても無断で遅れるのと少しでも断りを入れておくのでは大違いということを覚えておきましょう。

ただし、遅れても返済できる目途がたたない場合には、任意整理などの債務整理を考えていくこともひとつの選択肢と言えますので、このような行為も含めて吟味しておきたいものです。東京には無料で借金相談ができるケースも多いため、いずれにしても放置だけはやめておきましょう。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

返済が難しく債務整理したい!どんな方法がある?


キャッシングやカードローンなどの支払いなどが厳しく、当初の契約の通りに返済していくのが難しいとなったときは、債務整理ができます。ただし、債務整理と言ってもいくつかの種類がありますので、それぞれの方法を熟知した上でメリットも把握し、実行を検討していきましょう。

まず、最も多くの人がおこなう債務整理として知られるのが任意整理です。これはお金を借りた人と貸した人が話し合い、今後の返済方法を今現在のものとは変えていく方法です。簡潔に言えば当事者同士の話し合いで返済方法を変えていくものです。

また、この任意整理をおこなう場合、今現在の残高を3年から5年程度かけて定額で返済していく形をとることが多いです。その際の返済額はこれまでの返済額よりも少額になることが多く負担が減ります。さらに、利息に関してもカットされることが多いです。つまり利息なしで今後の返済をおこなっていくことになります。そのため、返済総額は債務整理をしないまま返済するよりも安くなります。

さらに、当事者同士の話し合いなので、借りた人が融資企業と話し合うことも可能ですが、やはり専門知識が無いと返済が厳しくなるために、司法書士や弁護士事務所を頼って法律のプロに仲介してもらうことが多いです。このような仲介に入ってもらうと以後は本人への催促もなくなるため、精神的にも負担は軽いです。あるいは、こうした弁護士費用などはすべての整理が終わったあとに払えることも多いため、今現在手元にお金がなくてもどうにかなることも多いです。

そして、この任意整理が民間レベルでの話し合いなのに対して、裁判所という公的機関が絡むのが自己破産です。この言葉自体は聞いたことがある人も多いでしょうが、債務を減らすというようなことではなく、債務をチャラにするための法的手続きです。自己破産を申請してそれが認められると、今現在持っている債務が消えます。ただし、売却可能な財産などがある場合にはそれを処分しなければなりませんし、債務はすべて一括して破産することとなり、A社の借金のみを整理するというような選び方はできません。

加えて、任意整理の情報は信用情報機関に5年から7年程度保管されますが、自己破産は10年ほどと長いです。そのため、それぞれの特徴を踏まえて検討したいものです。こうした債務整理は東京にも借金相談を無料でおこなうことができる施設もあるため、有効活用してみましょう。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

債務整理をした場合のメリットとデメリットを知ろう


消費者金融やカードローン事業者などからお金を借りたものの、その返済が難しくなり債務整理をしようと考えるのであれば、東京にっも無料で借金相談できるセンターなどがあるため、これらを活用したいものです。

まずは、債務整理をした場合のメリットとデメリットを把握しておきたいものです。多くの債務者が返済に困ったときに債務整理をするのはメリットがあるからにほかなりませんが、一方ではデメリットもあります。そのため、これから本気で債務整理を考えていくのであれば、メリットはもちろんですが、デメリットに関しても把握しておきたいものです。

メリットに関してですが、任意整理の場合には返済額が減ります。これは利息カットをおこなうためです。通常通りの返済であれば当初決めた利息を元金に上乗せして返済していきますが、任意整理をしたあとは元金のみの返済になります。さらに、弁護士などが間に入ることで債務者への催促もなくなるため、これまで電話や手紙での催促に胃を傷めていた人にとってはありがたいものです。

加えて、自己破産をおこなう場合には残金が減るどころではなく、今後一切返済の必要がなくなります。つまり借金がなくなるのです。そのため、返済に苦労してきた方にとっては荷が下りて気軽な毎日が手に入りますが、これだけのメリットがあるために今後への影響は大きいです。

債務整理の場合には5年から7年、自己破産の場合にはおよそ10年ほど、新たな借入ができなくなります。消費者金融や銀行カードローンの融資、クレジットカードの作成なども不可能になる場合が多いです。さらに、住宅ローンや自動車ローンなども同じです。場合によっては携帯電話の分割購入も厳しくなることもあります。また、賃貸住宅に入る際にクレジットカードを作成してその審査を受けることが必須となっていることもあるため、家選びにおいても制限があると言えます。

さらに自己破産した事実は官報に掲載されるため、世間にも知られることとなります。もちろん、官報をしっかり読んでいる人は少ないために、知り合いなどにまったく気づかれないことも多いのですが、公に告知されるためにその点の覚悟も必要です。そのため、このようなデメリットも把握した上でどうするべきか考えていきましょう。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

お金をかけずにキャッシングやカードローンを債務整理できる?


借金問題で悩んだとき、債務整理をしようという結論に達しても弁護士事務所や司法書士法人に依頼することを躊躇する人もいるはずです。弁護士や司法書士に仕事を依頼するということは着手金や成功報酬などが発生しますので、そのお金がないと悩む方も多いものです。

ただし、実際にはこのような問題をクリアした上で債務整理をおこなっている多重債務者などが多いため、債務整理をする気が本気ならばまずは安心しておきましょう。具体的にはこの依頼費用に関しても分割で払えるケースが多いです。

たとえば任意整理をおこなった場合には、今現在の残高をこのあと数年かけて返済していくこととなりますが、その毎月の返済に弁護士費用なども少しずつ含め、数年かけて払っていくこととなるような場合もあるのです。そのため、債務整理をおこなう際に手元にほとんどお金がなくても債務整理ができることもあります。さらに、自己破産の場合には少々費用もかかりますが、これを用意することによって借金がゼロになりますので、頑張って用意するほかありません。

ただし、弁護士によってはこの費用に関しても分割できるケースがありますので相談してみましょう。また、そもそも借金相談などの段階では無料で受けつけてくれることも多いです。東京都内にはこうした相談場所も多く設けられており、債務問題に強い弁護士が相談に乗ってくれる上、そのまま依頼をおこなうことも可能となっています。

さらにお金をかけずに債務整理をしたい場合、プロの視点から様々なアドバイスを提供してくれることもあります。何度も通える無料相談などもありますので、このような場を利用してそのときどきの状況に応じたアドバイスを求めることもできるのです。

そのため、キャッシングやカードローンなどのサービスを利用しており、それらのお金の返済が厳しくなってきた場合には、弁護士法人などに依頼した上で、今のままの返済を変更していくことを検討してみましょう。すでに実施している人はたくさんいますので、前向きに検討してみましょう。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

債務整理の手続きをするとどんな魅力があるのか?


気軽にキャッシングやカードローンを利用する人が増えた一方で、多重債務者が増加した経緯もあり、総量規制などの法律も作られました。このような状況なので、債務整理を行うなどして借金を減らしている人や、自己破産で借金を無くしている人もいます。

しかし、これからこのような債務整理をおこなおうと考えたときには、その具体的な魅力を知らずに、活用を躊躇している方もいるはずです。ただし、すでに多くの方が債務整理をおこなっていることからもわかるように、そこには確固たる魅力が存在していますので、悩んでいるのであればまずは魅力を把握した上で実践してみましょう。

東京都内の各所には借金相談を無料でおこなうことができるような施設が存在し、司法書士や弁護士などに自らの借金情報を打ち明けた上で的確なアドバイスを求めることも可能となっています。そして、債務整理の最大の魅力は、借金返済の負担が今よりも大幅に減ることにあると言われています。

債務整理の中でも当事者同士の話し合いによって借金の減額をおこなうのが任意整理ですが、この場合には利息がカットされるためにこれまで通りの条件で返済していくよりも返済額が減るのです。また、自己破産の場合には破産者となるためにその人が抱えているすべての借金がなくなります。その金額が大きくても1円も返済しなくていいのです。

もちろん、魅力があるだけの制度であれば消費者金融や銀行カードローンなどが損をしてしまうために、当然ながらデメリットもあります。そのひとつが今後の借金への影響です。キャッシングやカードローンを利用したいと思ってもほぼ審査に通りません。その期間はそれぞれの債務整理の方法によって異なりますが、クレジットカードも作ることができなくなるために、この点は難点と言えます。

しかし、借金で苦しんだわけですから、この期間を良いこととして捉え、その間に今後はお金を借りずに済むような生活を整えていくことを考えてみるのも、ひとつの方法ですし、それも含めれば借りられないこともメリットのひとつと言えます。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可