返せない借金が出た場合、すぐに債権者に連絡をしてください。

どのような対応になるかは想像通りですが、そのままにしておくのは絶対にいけないことです。

消費者金融にしても経営のために返済してもらわなくてはならないことですが、事情を聞いてくれることもあります。債務整理の通告を受ける前に弁護士などに相談して、債務者からのどうしましょう?の相談の方が債権者としては良いのです。

この時点では返せない借金ですが、債務整理をしてしまうと回収できるお金が当然減ってしまいます。キャッシングなどをして借金が返せない事態になったときに、債権者に相談をした所、よく話を聞いてくれて、妥協案をだしてくれる場合があります。それは、月々の返済額を減らす代わりに返済期間の延長の申し出です。

これは、一見ありがたい内容ですが、よく見ると返済総額は期間が長くなる分多くなっています。また契約変更のため手数料も取られます。これでいて、ブラックリストとしてその先のローンなどが出来ないのです。

とにかく毎月返済できる金額にしたのだから、返すべきものは返しいほしいというのが債権者の意図です。途中で返すことが困難になった債務者が悪いのだから、このくらいの妥協に対応してほしいと言うものです。

債務整理は、金融機関などに減額目的で話をするのですが、上記の場合とは違います。しかし、債務者が嫌な思いをすることなく月々の返済が楽になることで、債権者の納得は得られるのです。精神時には楽なことですが、借金総額が大幅に増える場合は、やはり債務整理も考えたほうが良いかもしれません。

もし、このようなことがあって、借金総額が大幅に増えるときには弁護士などに相談をしてみましょう。