銀行からの住宅ローンの支払いができなくなった

銀行からの借入では、消費者金融やカードローン会社とは違い、様々種類があります。それは、銀行では各種ローン、キャッシングなどがあります。

住宅ローンの返済ができない

多額の借入の住宅ローンですが、返済ができない時には銀行に直接相談をしましょう。事前確認としてはもし本当に返済ができないのなら、最終的には競売物件になってしまいます。

要するに、住宅ローンの支払いはしなくても良いですが、住宅も失うことになります。それが最終手段になりますが、一応は自己破産などの債務整理に関しては、住宅はなくなってしまうことになります。

その時には、保証人がいる場合は、保証人も支払いができないのなら、自己破産になります。このことは、最終的なことであり、支払いが難しい時の銀行の相談では別の方法も提案されることになります。

別の方法とは?

銀行にしても、自己破産される事により最後まで完済される方が良いわけです。

例えば、返済が難しい理由によっては、すぐに競売とはならないです。方法としては、収入が一時的に減少しているだけ。それは回復の見込みがあるのなら、一時的に返済額を小さくする提案があります。

コロナの影響で仕事が激減してしまい収入が少なくなった。そのときには猶予などもあります。この時は、住宅ローンそのものが先送りになる手段になります。債権者としては、事情を把握した上で今後の様子をみながら、返済額の調整をしてくれることになります。

信用情報としては

一応、契約の変更になってしまいます。金融事故の1つとなりますが、住宅ローンそのものが内容が変わるだけであり、その後の返済が順調ならうまく行くことです。

借り換えの手段もありますが、それまでの返済状況だったり、信用情報の内容になっていて、それはその時の相談によるものです。

銀行の判断

少なくとも住宅ローンの契約ができた。

途中で返済が困難になった時の理由によっては、長い住宅ローンの返済によっては、なんとか完済までうまく持っていくことになります。返済期間が限界まで伸ばすとか、返済の内容もこれからの計画も確認することになります。

コロナのような一時的な困難状況であれば、終息後に多少負担は大きくなったとしても、返済計画の見直しをしていくことになります。毎月の返済額を小さくして、長期的な返済期間の延長をすることを検討されます。

ほとんどが、途中で解約ではなく、事情を聞く上で完済を目指す方向に行くことになります。すぐに銀行に相談に行くことが最低限必要です。たいていは、事情を汲んで話しを聞いてくれることになります。すぐに自己破産、競売にはならないでしょう。

フリーローンは完済できる

銀行からの借入では、各種ローンもあります。フリーローン、教育ローンなどもありますが、住宅ローンほどの内容ではありません。それでも、あと100万円程度などの返済ができないことがあります。

債務整理をしなくてはならない?

キャッシング以外の各種ローンの場合は、まずは金融機関で相談されることをおすすめします。各種ローンで200万円程度の借入。毎月の返済はしてきたけれど、どうしても収入がへってしまった。

そこで、これからも返済ができないというのなら、債務整理も一つの手段です。しかし、今だけの収入減の時であれば、契約の組み換えなどの相談ができます。

銀行担当者の話

できれば、返済日の前の相談が理想だと言います。

フリーローンなどの契約では契約書がありますが、ある程度返済をしていたり延滞遅滞がない時には、返済額の組み換え、再契約が可能になることが多いと言います。

それまで10万円の返済であって、5万円の返済に再契約をする。金利の計算だったり、完済までの計画を立てられることになります。

ここで大切なのは、完済までの契約をし直すことです。金融機関ではこうした相談は早めに行うことで、柔軟に対応することになります。

信用情報では

この再契約では、金融事故が付きます。要するに、1つのフリーローンの契約を途中でできなかったことです。最終的には完済していくことになりますが、信用情報的には、良いことではありません。

銀行としては、完済まで時間はかかるものの、元金と金利を加えて支払いをすることでは、フリーローンもきちんと払ったことになります。金融事故が付くことで、再び借入する時にはすぐに対応できなくなってしまうのですが。

再契約は怖くない

事情としては、返済額の調整だけです。支払いができないとなれば債務整理になりますが、そうではなく返済額が少なくなったとしたら、再契約をしていくことです。

金融事故はありますが、それでも完済ができることでは銀行としては対応することになります。そんなに悪いことではありません。債務整理ではありません。元金も金利もきちんと支払いするのですから、銀行としても対応はしてくれます。

怖いことではなく、たまたま金融事故があるものの仕方ないことになります。

フリーローン完済ができる

要するに完済までの時間がかかり、金利も多く支払いことになります。契約が履行しないことでは困ったことになりますが、返済額が少なくなって完済していくことで、銀行としては儲けが大きくなります。

顔には出さないことですが、フリーローンの途中の返済額の調整では、担当者では話を聞いてくれることになります。安心して相談してください。

銀行カードローンの返済がピンチ

数年前のことですが、銀行カードローンの借入で大きな問題になったことがありました。銀行カードローンとはキャッシングであり、誰でも借りれる時代がありました。

キャッシングと言えばカードローン

現在も銀行カードローンがありますが、以前は銀行カードローンと言えば多額の借入ができるとして話題になっていました。

消費者金融では、総量規制がきまっています。ところが、銀行カードローンではどんどん借りれることで、たかが200万円程度の年収の方でも500万円もキャッシングができたのです。消費者金融では60万円しか借りれないのにです。そこで、当然返済ができないことになりました。

その時代の債務整理者

圧倒的に銀行カードローンの債務整理者が急増しました。銀行カードローンの借入が際限なくできたので、返せない。そこで行うのは債務整理であり、任意整理、個人再生、自己破産などをしてきたということです。

そこで、銀行カードローンの債務整理者が増えたことで、銀行カードローンのキャッシングの大改革が始まりました。

今ではそんなに借りれない

現在の銀行カードローンの債務整理者は減っています。その理由として、消費者金融ほど利便性が良くなく、多少消費者金融より多く借りれることはありますが、審査が厳しくなったようです。総量規制はありませんが、だいたい限度額が少なくなったと言います。

金融機関のカードローンでは現在も宣伝はしていますが、審査も限度額も大したことがなくなったことで、銀行カードローンは多く借りれるという神話もなくなりました。

銀行カードローンの返済が難しい

キャッシングでは、銀行カードローンでは大手消費者金融よりも多少金利が低いです。返済ができない時には、銀行に直接話しをしてください。

フリーローンなどと同様で返済ができる金額での調整します。完済をしていくことを目的として、最低2,000円程度から返済をしていきましょうということになります。これは、銀行カードローンだけではなく、消費者金融カードローンやキャッシングも同様です。

ここで注意したいのは、返済ができるようになることを話しましょう。今だけ返済ができないけれど、2,000円程度なら返せるということで契約内容が変わることになります。それで解決ですが、見事ブラックリストにはなってしまいます。

ただし、自分から返せないのでなんとかしてということでは、印象は良いでしょう。新規キャッシングもできないことになりますが、あとは完済まで頑張ることです。返済ができない時には、素直に申し出ましょう。

銀行カードローン返済不能で多重債務はNG

例えば、カードローンの返済ができないとなると、他社でキャッシングをして返す。この選択をすることがあります。多重債務の始まりです。

銀行カードローンの返済ができない。消費者金融なら借りれることがあります。多少審査基準が甘い点では、銀行カードローンの返済を大手消費者金融で借りた金額で補う。実はとても危険な行為です。

多重債務したとしても

すぐに返済ができるのなら問題はありません。銀行カードローンの返済マシンになってしまった時には、多重債務のるつぼにハマってしまいます。

そこで、金融機関の借入で返済が困難になった時にはその返済は借金で作らないことは絶対です。仕事なり、残業で作れない返済額なら、債務整理も検討してください。

債務整理を嫌がる

債務整理をするのなら、多重債務の選択する方も多いです。その方たちの最後で超債務になり、債務整理することになります。100万円の借金だったのが、200万円、300万円という借金になってしまうのは簡単です。

多重債務では、単に借入で1つの返済をしていったとしても、金利などで増えていく傾向になります。借金も元金も減っていないことに気が付かない点では、とても危険な行為です。

銀行カードローンの返済ができない時に、大手消費者金融などで多重債務になるのは、すぐにすべての返済ができる場合だけです。

返せないのなら、債務整理

債務整理と言っても、いくつか種類があります。今だけ返済ができない。しかし、後で返せる見込みがあるのなら、銀行に事情を話して返済期間を長期化することができます。

そうではなく、退職などして返済ができないのなら、債務整理です。任意整理では元金だけを3年間で完済していくことです。この時は銀行と直接話しをすることで、裁判所などは無関係です。個人再生では裁判所も関係してくるのですが、大幅に返済が少なくなります。住宅ローンがあれば、死守することができます。

大した金額ではなく、返済の可能性があれば、任意整理が妥当です。自分でよくわからない時には、債務相談ができる弁護士などに話しをしてみてください。適切な債務整理の提案がありますが、この先の返済計画なども相談ができます。

借金相談といっても、全てが債務整理ではない場合もありますので、銀行カードローンの返済を多重債務でなんとかすることは回避してください。

債務整理ありきで検討することでは、先の見通しも変わってきます。弁護士と借金の話しをすることで、見方が大きく変わります。

闇金は絶対にNG、債務整理を検討して

銀行の支払いが難しい方にシステム金融業者がお助けします。

事業者などでは、そんなシステム金融のメールやDMを受け取ることがあります。条件がいいなと思うようですが、彼らは闇金です。

闇金は姿を見せない

闇金は、貸金業法を守らない金利が高いキャッシング、資金調達手段を持っていると言っても良いでしょう。

銀行融資だけではなく、銀行カードローン、消費者金融のキャッシングなどとは違います。闇金では、高い金利で脅迫した上での違法な取り立てがあり、単に苦しいというだけのキャッシング、資金提供になります。

信用情報も無関係なのは、当然審査がないからです。好き勝手な金利でお金を貸すけれど、ほぼ金利では年利1000%、2000%は当たり前の話しです。ですから、返せない借金がある時に、システム金融とか、訳のわからない業者からの借入は絶対にしないことです。

しかし、返済期限が迫っている。

銀行に相談を

銀行では、返済ができない借金がある時には、きちんと話しを聞いてくれる事になります。すぐに破産者とはならないようにします。

事業資金の場合ではそうですが、キャッシングなどでは、任意整理などがおすすめになります。事業資金の返済ができない時には、不動産担保ローンに変えたりとか、倒産危機回避が必要です。

しかし、銀行カードローンでキャッシングの返済がこれからも厳しい場合では、自分がブラックリストになることが解決してしまうことが多いです。会社のブラックリストでは倒産ですが、個人のブラックリストではしばらく借入ができないだけの我慢です。

返済ができない

誰でも起こることです。収入がある時には普通に借りれるのですが、リストラに合う、急に収入減になってしまう。その時には、無理して返済をしよう。

多重債務になってしまうことではなく、任意整理でもしてしまう。時には自己破産してしまう方が楽です。簡単に言いますが、債務整理をする時には、弁護士や司法書士などに相談に行くことです。

返済が本当にできないのなら

最終的には自己破産になりますが、任意整理では元金だけの返済をしていくことになります。この違いでは、弁護士に費用もありますが、一応元金でも完済ができることでは満足感もあります。

しかし、リストラなどで収入がゼロになってしまった時には、自己破産や個人再生などもあります。詳細では、借金だけではなく、生活内容も関係して弁護士などと相談することです。決して悪いことはありません。銀行カードローンの返済ができないといたずらに延滞遅滞してしまう方が悪人です。

延滞遅滞は最悪の金融事故ですが、債務整理そのものは再スタートのためのことであり、前向きに考えてください。