借金まとめるなら弁護士に相談すべき理由

複数の借金がある場合は、弁護士に相談をすると明るい未来が見えますよ。なぜ弁護士に相談すべきなのか、それには大きな理由があります。

借金が複数ある場合に弁護士に相談すべき理由を、ご紹介致します。

専門的な目線で判断してもらえる

借金に詳しい弁護士は、複数ある借金に対して専門的な目で判断してくれます。顧客に対して1番どの方法がベストなのかを考えてくれるので、1番いい方向で対処することができます。

借金に対して顧客は素人なので、素人判断で決めてしまうと後で困ってしまうことがあります。借金で困ってしまった時は、専門家に判断してもらった方が間違いないのです。

弁護士に相談することで借金を少なくできる

借金の1本化で「おまとめローン」という商品がありますが、これは単純に借金を1本化して返済する方法です。そのため、金利は幾分が少なくなるかもしれませんが、借金が少なくなるわけではありません。

弁護士に借金の相談をすると、債務整理を行うことがほとんどです。債務整理というのは、法律上減らせる借金が発生します。いわゆる、過払い金の分と利息分です。この2つの支払いがなくなることで、かなり大きな借金減額となります。特に自己破産であれば、借金を0にすることもできます。

おまとめローンは金利が増えてしまうことがある

借金を1本化して以前よりも少ない金利というと、金利が低く得したと思う人も多いと思います。しかし、実際に計算をしてみると、金利は減るどころか増えていることがあります。

例えば、金利18%のキャッシングを3社からしていて、その3本の借金を1本化したとします。1本化したあとの金利が15%となると、金利が低くなってお得になったと思います。

しかし、おまとめローンというのは、複数の借金を1本化したので総額が膨れ上がっています。大きな1本の借金を毎月少しずつ返済していくとなると、返済期間が長くなってしまいます。返済期間が長くなることで、一見少ない金利分が最終的には多く支払っていることになる場合があります。

おまとめローンは、このパターンが非常に多くあります。最終的に支払った送金額は多かったなんてことは、よくあるパターンなのです。一見特に思えて、全く特になっていないというのがわかると思います。

時には倍の利息の返済になっていることもあるので、とても恐ろしいのです。月々の返済金額は少なくなりましたが。

弁護士への相談は様々な面倒な条件を付ける必要がない

おまとめローンにすると、保証人や担保が必要といわれてしまうことがあります。

おまとめローンの借金を返せない場合は、強制執行を取られてしまうことがあります。実は、おまとめローンで支払いが滞ってしまい、強制執行になり今より状況が厳しくなってしまうというパターンは少なくないのです。

弁護士に相談をすると、そのような厄介な状態にはなりにくい方法と取ってくれます。そのため、今より状況が悪化して大変な状態になることはあり得ないのです。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローン、ものすごく便利な救世主に思える人も多いと思います。でも、実際はそんなことはありません。膨れ上がった借金は、弁護士に相談をして1番ベストな状態を取ることがオススメですよ。