弁護士に頼らず借金をまとめる方法

弁護士に頼ることなく今抱えている数ある借金をまとめるのであれば、おまとめローンを利用しましょう。

おまとめローンとは、複数の金融会社から借り入れをしている借金を銀行や銀行系の消費者金融での借り換えによって一本化する方法です。1ヶ月のうちに何度も返済日が来て困っている多重債務に苦しむ人にとっては、かなり魅力的に感じるでしょう。

おまとめローンのメリット

おまとめローンを利用する場合のメリットは、借金の管理が楽になることがあげられます。借り入れ先がひとつにまとまるので、毎月返済日が一つになり返済日を忘れることもなくなります。借金の管理も楽になるでしょう。

おまとめローンでは金額を多く借り入れするので、金利が低くなります。今まで抱えている借金と比べて金利が低くなるので、借金も金利分を減らすことが出来るのです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンはメリットばかりではありません。デメリットもあるので、おまとめローンを利用する場合にはデメリットも把握しておきましょう。

まずは、金利がそれほど安くならない可能性も考えられます。例えば、借金の多くが消費者金融のキャッシングである場合、銀行のおまとめローンを利用すると銀行の方が金利が低いので、メリットは感じるでしょう。しかし、銀行のカードローンを利用している場合、初めから金利は低めなので、おまとめローンを利用してもそれほど金利が変わらない場合もあります。おまとめローンを利用してもそれほど金利が下がらなかったということになる場合もあるのです。

さらに、おまとめローンをすると利息制限法による引き直しはされることなく借金返済を行います。長期間グレーゾーンの金利で返済を続けている場合、利息制限法によって引き直し計算をすればかなり借金総額が減る可能性があるのです。それにもかかわらず、金利の引き直しをせずにグレーゾーン分も無視して借金を全額支払ってしまうと、過払い金請求もすることなく払わなくても良い借金の返済をすることになってしまうのです。

もちろん、借金を完済した後でも過払い金請求をすることは可能です。しかし、その場合は便星や司法書士に依頼しなければなりません。また余計な費用が発生しますし、万が一過払い金請求を行いたい金融会社が倒産してしまっている場合には、請求したくてもすることが出来なくなってしまうのです。

また、おまとめローンを利用することで状況がより悪化してしまう可能性もあるのです。今抱えているカードローンや消費者金融のキャッシングによるローンは借り入れをするときに保証人を付ける必要はなかったでしょう。

しかし、おまとめローンを利用する場合には、保証人が必要になる場合があります。金融会社によっては不動産を担保に入れることを要求してくるところもあるのです。借金返済を楽にするために仕方がないと思い、保証人を付けたり、不動産を担保に入れることで状況を悪化させてしまう場合があるのです。

おまとめローンを検討することもいいですが、多重債務で困っている人に対しておまとめローンの審査はかなり厳しいものになります。借金で悩んでいるのであれば、一度弁護士や司法書士に相談をしてアドバイスをもらった方がいいでしょう。どうすれば完済をしていくことが出来るのかを真剣に考えていきましょう。