まずは弁護士 債務整理以外でも対応してくれます

多重債務をまとめローンや借り換えローンにすることで、スッキリしたり返済を少なくしたい方も多いことでしょう。まとめローン審査は、フリーローンよりも厳しいとされています。多重債務も借入件数が多い場合、それだけで審査に落ちてしまう場合もあります。

自分の場合、多重債務をまとめローンにしたらどんなことになるのか?審査が通る通らないは別として、まず相談をしたい方は弁護士などに相談をしてみると良いでしょう。

消費者金融や銀行のまとめローンにそのまま申込をしても良いです。見るからに利息が低いまとめローンがあれば確実に得をすることで、審査に通ればラッキー。その時に本当に得をしたのかどうかについては、新しいまとめローンの利息が1%以上下がる融資の場合はOKと言われています。

注意したい点は、返済金額と返済期間です。まとめローンで借入したお金が大きくなって返済期間が長くなった時、利息が下がったとしても返済額が大きくなってしまうと言われています。

まとめローンで本当に得をするのは、返済額を変えないことで短期間での借金完済ですが、ここは難しい計算になります。そのような相談を、弁護士などにすると良いということです。

まとめローンにした場合、フリーローンのよりもどれだけ得をして、どのような商品が良いという選択ではなく、利息が◯%以内のものでなければ、お得感がないと言った内容になります。それでも、詳しい相談まで細かく回答してくれるかはわかりませんが、今の借金の状態を再確認することはできます。

多重債務であることで債務整理ありきの相談ではなく、今のままではまとめローン審査も通る可能性があり、返済もできるのならより良いまとめローンを選ぶことが大切です。

借り換えというと、住宅ローンなどではおなじみです。大きな金額のローンであり、あちこちのホームページなどでもわかりやすく開設していますが、フリーローン借金のまとめローンに関しては内容がわからないことも多いです。

健全な多重債務者にとっては、1円でも少ない返済が理想です。低金利で言えば銀行のまとめローンが良いのですが、現在の借金内容も関係します。

まとめローンは債務整理ではない行為です。借金問題に強い弁護士や、司法書士への相談をしてから決定すると良いでしょう。お金がかかるところもありますから、無料相談のところに問い合わせてみてください。