おまとめローンと債務整理の特徴をチェック!

借金をまとめて返済をスリムに!などという文言の広告を目にすることがあるでしょう。数ある借金をまとめることで返済が楽になるとうたっているのですが、本当に返済が楽になるのでしょうか?

おまとめローンを利用したいと思う人は

借金をまとめることが出来る「おまとめローン」と呼ばれています。

おまとめローンの広告が目に付く人は、複数の借金で返済が大変になっている人でしょう。収入の半分以上が借金返済になっている状況かもしれません。そんな状態ですと、返済もつい延滞気味になっているのではないでしょうか?そして、多重債務となっている場合、借金返済がどんどん苦しくなっていくでしょう。

そんな時に、おまとめローンの広告を見ると少し楽になるのであれば、申し込みをしようかと思うことでしょう。ですが、多重債務となっているような人がおまとめローンに申し込んでも審査に通過するのでしょうか?

そして、おまとめローンを利用するよりも借金を整理するために、債務整理を選択した方がいいのではないかとも考えるでしょう。いろいろ考えすぎて、結局結論が出ないまま返済を続けているのであれば、そろそろ本気になって借金について考えていきましょう。

おまとめローンについて

借金を一つにまとめることが出来る金融商品は金融会社によって呼び方が異なりますが、おまとめローンなどと呼ばれる事が多いです。複数の金融会社からの借入を一つにまとめることが出来る金融商品なので、おまとめローンと呼ばれているようです。

借金を一本化するとどんな良いことがあるのでしょう?一番の大きなメリットは、複数あった返済を1つにまとめることが出来るという点でしょう。

複数の借り入れがあった場合、1ヶ月に何度も返済日がやってきます。その度に債務者は返済のためのお金を準備しなければなりません。やっと返済が終わったと思ったら、すぐ次の借り入れの返済日が近づいてくるのです。これでは気が休まるときがありません。

しかし、借金を一つにまとめると返済日が一つに限定されるので、返済を終えたら次の返済日までは1ヶ月間あります。気持ちにも余裕が出てくるでしょう。更に利息が低くなる可能性も出てきます。少額の借り入れの場合は利息が大きくなりますが、大きな金額を借り入れすると利息は低くなります。

よって、まとめてお金を借り入れすることで利息を低くすることが出来るので、結果的には返済額を抑えることにも繋がるのです。

おまとめローンのメリットを見ていると良いことばかりですから、利用しない手はないと思うでしょう。しかし、おまとめローンにもデメリットはあるのです。

債務整理の場合は借金を大幅に減らしたり無くしたりすることが出来ますが、おまとめローンの場合には借金を減らすことにはつながりません。多少利息を減らすことはできますが、大幅な借金減額には繋がらないのです。

複数ある借金の支払いを1つにできる事で月々の支払いが少なくなります。そのため、借金が減ったように感じる人もいるようですが、借金が減るわけではないので注意しましょう。

おまとめローンを利用すると、今まで借り入れをしていた金融会社の借金はゼロになったと思って、借り入れをしていた金融会社にまた新たに借り入れの申し込みをする人がいます。

形の上では完済したことになってはいますが、おまとめローンの会社が肩代わりしてくれているだけで、債務者はまだ返済を行っている状態ですから注意しましょう。安易な借金は余計に自分の首を絞めてしまうでしょう。

債務整理について

おまとめローンと比較される債務整理について詳しく見ていきましょう。債務整理とは、法律を使って借金を整理する方法を指しています。

債務整理は一つではありません。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つです。

任意整理

債務者と債権者が話し合いをして、利息のカットや借金の減額を決めていく方法です。返済期間の延長なども考えていきます。

自分で行うこともできますが、弁護士や司法書士に依頼すれば債権者との話し合いもすべて弁護士や司法書士が行ってくれるので煩わしさがありません。債権者の中にはスムーズに話し合いをすることを拒むところもあるので、法律家である弁護士や司法書士に対応してもらった方が話し合いが進みやすいのです。

さらに、今まで利息制限法の上限利息以上で返済をしていた場合は、過払い金を請求出来る場合もあります。過払い金を請求することで払いすぎていた利息分が返ってくるので、借金返済に当てることが出来ます。払いすぎていた利息分が多いと逆にお金が返ってくることもあるのです。

特定調停

裁判所を通じた任意整理のことを指します。簡易裁判所を使って、調停委員が債権者との交渉を行っていきます。もちろん過払い金請求も可能です。

弁護士に頼む場合にはある程度の費用が掛かります。弁護士費用を抑えたい場合に、特定調停を利用すれば話し合いが比較的進みやすいのです。裁判所を利用する為、その決定が下りた後は決定にしたがって支払いをしていかなければなりません。支払いを滞納すると給与が差し押さえられる可能性があるので注意しましょう。

個人再生

住宅ローンを除く、借金の総%は免除になります。債務者が借金の20%を3年で分割返済をするものです。借金の総額が大きい場合に有効な方法です。

自己破産

裁判所に申し立てをして、破産の決定と免責の決定を受ける事によって借金を全て無くすことが出来る方法です。支払いが不可能と判断されれば誰でも利用出来ますが、ギャンブルが原因の借金には適用されません。また、車や家などの財産は処分しなければなりません。

利息について

おまとめローンを利用すれば利息は低くなります。任意整理は、債務整理後の利息はカットされます。 特定調停は和解後の利息はカットされます。個人再生は原則、支払わなければならない借金の20%に含まれます。自己破産の場合は借金がゼロになるので利息もありません。

借金の金額

借金をまとめる前に比べると、利息が低くなるために返済額が少なくなることが多くなります。また返済日が一つになるので返済も簡単ですし楽にもなります。

任意整理や特定調停は利息がカットされることによって大幅に借金が減額されます。個人再生は任意整理以上に借金が大幅にカットされます。自己破産は免責が決定されれば、借金が全てなくなります。

デメリット

借金を一本化しても借金が減るわけではないです。任意整理と特定調停、個人再生、自己破産は個人情報に任意整理をしたことが掲載されてしまいます。

さらに、特定調停の場合は支払いを滞納すると、給与などが差し押さえられる可能性があります。 自己破産は一定期間、特定の役職や職業に就けなくなるデメリットもあります。

結局どっちがお得?

結局のところ、おまとめローンを利用する場合と債務整理を利用する場合とどっちが得になるのでしょうか?これは、あくまでその人の借金の状態や収入などによって変わってくるでしょう。一概にどちらが良いと言い切ることは難しいです。

例えば、おまとめローンを利用すると借金は減りませんが、返済を一つにしていけるのでコツコツと返済していくことが出来ます。債務整理を利用すると大幅に借金を減らすことが出来ますが、信用情報に記載されてしまうデメリットもあります。最低5年は新しいローンなどの借入が出来ません。

全体的にみると債務整理よりもデメリットが一番少ないおまとめローンの方がいいかもしれません。ただし、借入状況や収入などによってどちらを選択すればいいのかは変わってきますのでよく検討することが大切です。

借金相談会などに行って弁護士や司法書士に話を聞いて貰い、どちらを選択すべきかを相談するといいでしょう。全国自治体でも無料の相談会がたくさん開かれています。完全無料で利用できますので、気軽に利用するといいでしょう。