弁護士に借金をまとめるのを依頼するとどうなる?

多重債務となっている場合、1ヶ月のうちに何度も返済日がやってきます。初めは返済が出来ると思って借金を重ねていったのかもしれませんが、なかなか減らない借金の返済を続けていくことは大変です。

そのうち返済が困難になってくることもあるでしょう。借金を一つしか抱えていない場合には、コツコツと返済をしていく人が大部分ですが、いくつもの借金を抱えて多重債務となってしまっている人は延滞気味になってしまうので、返済自体を見直してどうしても難しいと思った場合には、借金をまとめることを考えるようになります。

借金をまとめる方法にはいろいろとあります。消費者金融や銀行などのおまとめローンを使う方法も一つの方法として挙げられます。しかし、この方法では借金が減ることはないので、毎月の返済額が多少減ったとしても返済の苦しさは変わりません。そこで、借金総額を減らすことが出来る債務整理を弁護士に依頼するという方法があります。

弁護士に債務整理を依頼すると、それまで延滞していた金融会社からの取り立てや催促の電話や連絡が収まります。弁護士は法律を使って金融会社と話し合いを行い、あなたの借金を減額する方向にもっていってくれます。また、借金を長年払い続けている場合には、業者と交渉をして過払い分を取り返してくれます。

弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士に費用を支払う必要があります。弁護士にかかる費用が高いから、債務整理をしてもしなくてもあまり変らないのではないかと思う人がいるようです。弁護士費用が掛かったとしても多重債務となっている状態の返済とは異なり、債務整理を行うことで借金総額が大幅に減るので、楽に借金を返済することができるのです。

最近では債務整理を考えている人が多くいるので、弁護士事務所が債務整理はぜひうちにというようなCMを頻繁に見かけます。色々な弁護士事務所が債務整理を業務の中心として行っているのは、それだけ需要があるということでしょう。

借金をまとめなければいけないほど、消費者金融のキャッシングなどをはじめとする多くの借金額を抱えて悩んでいるのであれば、今すぐ弁護士に相談をしましょう。少しでも楽に借金を返済していきたいのであれば、弁護士に相談をするのが最適です。

弁護士に債務整理を依頼すると借金が減りますし、月々の返済額も減りますからずいぶん楽になります。メリットばかりがあるように感じますが、もちろんデメリットもあるのです。弁護士に依頼をして任意整理など債務整理を行えば、信用情報に傷がつきます。ブラックリストに載るという言い方をする場合もあります。

ただし、あまり恐れることはありません。ブラックリストに載るのは債務整理を行って5年から7年程度の間です。もちろん、このブラックリストに載っている間は新たな借金をすることはできなくなってしまいます。消費者金融のキャッシングだけを利用できなくなるのではありません。

新しい借金というのはいかなる借金も含まれます。教育ローンや銀行ローン、車のローンも利用することはできません。たとえ申し込みをしても審査で落ちてしまうでしょう。

借金ができなくなるので、多少不便に感じるかもしれませんが、日常生活に大きく影響が出ることはありません。借金を本気で返済していこうと思うのであれば、弁護士に相談して借金総額を減らして少しでも返済を楽にしていきましょう。