カードローン

金融機関は様々な金融商品のカードローンを提案しています。通常のカードローンの他に、おまとめローンと呼ばれる借り換えローンなどが良く知られているカードローンでしょう。

借り換えローンなどは複数の債務を一本化するものですから、多額の融資を受けることになります。そのため、審査も厳しくなりがちです。特に銀行カードローンの借り換えローンでは、さらに審査が厳しいようです。

もともと、銀行が多重債務を嫌っているのですから、それをフォローするような借り換えローンを発売するほうがおかしいような気がします。かといって、消費者金融会社が取り扱っている借り換えローンでは金利が高いために、債務を一本化しても総支払額が下がることがない場合もあるのです。

それでは意味がないのでは?という意見もでそうですが、目的は多重債務の一本化です。借り換えローンのメリットでは、これに勝るものはありません。仮に支払総額が増えても、債務を一本化するべきです。それは、多重債務よりも借金が一本のほうが後々でも融資を受けやすいからです。

もともと、多重債務というのは金融機関からの受けが良くありません。ですから、できるだけ多重債務から脱却したほうがいいのです。多重債務のままでは、審査も厳しく新たな融資を受けることは難しいでしょう。破綻すれすれの人生を歩むようになるくらいでしたら、多少支払総額が増えても借り換えローンを選択したほうがいいのです。

もっとも、消費者金融会社でも金利の差がありますから、できるだけ金利の低いところ、さらには支払総額が安くなるところを狙ったほうがいいでしょう。

一般的に消費者金融会社のカードローンで多重債務に陥ってしまうと、そのまま任意整理へ…というパターンが多いです。まずは、そこから脱却しなくてはいけません。

借り換えローンの話が長くなってしまいましたが、カードローンには他にも、不動産担保ローンや事業者ローンなどがあります。不動産を担保に加えることで、さらなる高額融資を受けることが可能となるのです。

また、個人事業主や法人向けのカードローンが、事業者ローンです。ビジネスローンと呼ばれることもあって、資金繰りが苦しくなったとき、事業拡大を目指したときに、個人事業主にとって頼りになる存在のカードローンです。

事業向けカードローンも高額融資になることが多いので、それなりに審査は厳しくなります。また、事業計画書の提出を求められることが多いですから、日頃からすぐに融資の申し込みができるように、事業計画書の骨格などはしっかりと準備しておいたほうがいいでしょう。

事業計画書はできるだけ綿密で緻密なものが良いです。それだけ考えていると判断してくれるからです。ですから、すぐに事業計画書はできないですから、土台となるものは日頃から用意しておきましょう。

カードローン会社は銀行をはじめ様々です。消費者金融会社のイメージが強いですが、銀行カードローンの審査に通るのでしたら、金利が安いのでベストな選択と言えます。