消費者金融

個人事業主などの自営業を営んでいる人が頼りにする最後の砦が消費者金融会社でしょう。

もっとも、自営業をしている人が消費者金融会社からの融資を受けるのは、危険の兆候と言えるべきものかもしれません。その答えは簡単で、個人事業主の借金の金額は高額になるケースが多く、それを消費者金融会社のカードローンからの融資であれば、その融資金額に対する利息も膨大なものになることが容易に想像できるからです。

事業は「人モノ金」の流れが大事ですが、その中でも「金」だけが突出してしまっては、その事業はどうしようもありません。事業用の資金は日本政策金融公庫や、銀行カードローンのビジネスローンからの融資を受けるべきでしょう。ですから、消費者金融会社のカードローンの利用というのは、事業に危険信号が灯ったと思ってもいいのです。

消費者金融会社にも当然ですが、事業者ローンがあります。しかし、金利が高く、それでなくても融資金額が高額になってしまうので、いずれはその返済に窮することになるのは明白なのです。事業がうまくいって収益が上がればいいのですが、実際に事業主は「もう少し投資すれば事業も上向く」と思って融資を受けているのです。

しかし、それでもうまくいかないことのほうが大半です。いずれは多重債務から、返済に窮して債務整理をすることになるのも少なくはないでしょう。

個人事業主の財布は、公私混同しやすいものです。収益優先で、自分の収入は無いに等しいという個人事業主もいることでしょう。カード会社としても、そのような経営を行っているところになかなか融資の決断を下せないのです。個人事業主は可能性を信じて事業専用ローンの融資を受けるのですが、資金繰りに行き詰まることも多いのです。

多重債務に陥ってしまうとそれを補うように、おまとめローンを利用する人もいるでしょう。それはそれでかしこい選択なのですが、借金が減るわけではありません。もっとも、新たな借金はしやすくなるのですが、そこからさらなる借金を繰り返すようでは先は見えているといってもいいでしょう。

会社員時代とは違ったプレッシャーを受けながら事業を続けていかなくてはいけないのは、大きなストレスにもなることでしょう。常に資金繰りのことが頭をかけ巡り、常に事業者向けローンのことが頭をよぎっているのです。

消費者金融会社でも、事業者向けローンとなるとこれは総量規制の対象外となります。ですから、年収…もっとも事業者向けローンですから、事業者の年収自体に意味がないといえばないですね。

しかし、確認しておかなければいけないのは、個人事業者であれば個人の信用が第一となるのです。個人事業主になると、会社員時代と違って会社の後ろ盾のない一匹狼になりますから、しばらくはクレジットカードも作れないような状態になってしまいます。

新たな融資をお願いするときに、保証人を立てるように言われる場合もあるでしょう。個人事業主となるとその多くは、それまでの平均年収を下回ることが多いです。

事業者ローンはビジネスローンとも言われています。まさにビジネスに長けていないと、融資を受けてもそのお金をどぶに捨てかねないことになるのです。

そのような中でも、個人事業者向け消費者金融会社のカードローンの金利は低く設定されていても銀行と比較すると、やはり高いです。ですから、利用する際には、これからの事業計画をしっかりと練って融資の申し込みをするようにしましょう。

消費者金融会社のカードローンには、個人事業主専用のカードローンも用意されています。金利も低く設定されているので、どうしても消費者金融会社からの融資をお願いするのでしたら、この個人事業主専用のカードローンにしましょう。住宅ローンほどの低い金利ではありませんが、少しでも金利を低くしたいですからお勧めです。