銀行カードローン

自営業や個人事業主、さらには法人経営をしている人に頼りになるのは銀行系カードローンです。銀行に限らず信用組合や、信用金庫などからの借入れを検討してみてもいいでしょう。

消費者金融会社のように、電話一本で即融資というわけにはいきません。しかし、低金利のメリットは何よりも優先したいところです。審査は厳しいとされていますが、属性にそれほど問題がなく、これはすなわち事故情報がないということを前提にしています。良好な属性であれば、あとは経営状況ということになります。

過去3年の確定申告書などを提出すること、そして事業計画書も提出します。この事業計画書は、銀行カードローンの審査を左右する大切なものになります。

程度は大きくなりますが、メガバンクなどが赤字に苦しむ大企業に融資するのは、破綻したら社会的影響が大きいからではなく、再生するための事業計画に魅力を感じるからです。これなら間違いないと思う企業に、銀行は惜しみなく融資をしてくれます。

反対に、融資をしたいと思わせるような事業計画書を作るくらいの気概があれば大丈夫です。それだけ、事業計画書に重きを置いて、銀行カードローンに申し込むようにしましょう。

漠然と赤字を垂れ流す経営をしていては、いずれは自己破産してしまいます。個人の資金を導入してしまうと、経営は成り立たず、自分自身も破綻してしまうという二つを失ってしまうことにもなりかねません。難しいことですが、事業性資金と個人資産は明確に分ける必要があるのは言うまでもありません。

事業者向けローンは、事業に漠然と融資しているわけではありません。将来展望が開けるものだから、融資をしてくれているのです。ですから、債権者である銀行を納得させられるような事業計画書を揃えて審査を突破し、事業継続に必要な融資を勝ち取るようにしたいものです。