まとめローンの落とし穴 繰り上げ返済の手数料

まとめローンを契約をしたのに、お得感がない方もいます。

多重債務を1つの借金にまとめる事ができるまとめローンは、一見とても良い商品に見えます。カードローンや消費者金融の債務を、低金利のローンに借り換えをすることで、借金そのものを小さくすることを言います。返済額を小さくすることが目的ですから、お得がないと借り換えローンにすることは無駄です。

まとめローンは、返済額が小さくなるばかりではなく、1つの金融機関の返済で楽になります。まとめローン契約をした時、現在持っている多重債務を次々完済していくことになります。

その時に、繰り上げ返済での手数料が発生することがあります。最初から金融機関での手数料を知らないでまとめローンをしてしまうと、予定していた以上の借入が必要になります。

現在の多重債務の残額が100万円の場合、まとめローンが100万円ではなく手数料などで多くなってしまうことで120万円になったとします。普通の返済をしたのなら、それ以下で済んだのにということです。

手数料があることは、最初の契約で話した記憶がない場合も多いでしょう。利用契約書などにサインしてくださいと簡単にしてしまうことで、繰り上げ返済をする際には手数料がかかると明記してある事も少なくないのです。

消費者金融カードローンに関しても、フリーローンで最初の契約通りなら問題はないのですが、繰り上げ返済は、余計にお金がかかることもあるのです。

銀行の住宅ローンでも、繰り上げ返済は結構かかります。完済するのだから手数料はおかしいのではなく、金融機関にしてみれば利息収益が減ってしまうので、繰り上げ返済も契約不履行の一つです。ですから、手数料の存在も仕方のないことです。

多重債務で楽になりたいからと、何も考えずにまとめローンをしたけれど、結局損をしてしまう、手数料の存在があるために、僅かな金利差で返済期間も長くなって総返済額が多額になってしまうこともあるのです。

必ず、まとめローンの前には、シュミレーションや契約のために金融商品に詳しい方に相談されることをオススメします。弁護士の借金相談などでも良いのですが、自分で多重債務先の繰り上げ返済の手数料などを、再確認すると良いでしょう。

電話などで直接きいた方が早いですが、その手数料があることでまとめローンの金額が上がるようでしたら、借り換えはしない方が良い場合もあります。