まとめローンは相談だけではダメな場合

銀行や消費者金融では、まとめローンの相談にも乗ってくれます。シュミレーションなどで、今の多重債務をまとめローンにすることで、申込をすると審査に通ればそのまま契約です。契約ができる方については、シュミレーションなどを通じて、どうでしょう?契約しますか?という内容です。

まとめローンをしたい方は直接金融機関に行くのではなく、法律事務所や弁護士、債務整理センターに借金相談に行くことをオススメしますが、ここでどこのまとめローンがお得になるという内容ではなく、今の借金の状態の再確認です。

まとめローンをするには厳しい審査があるのですが、「今のあなたはまとめローンができない信用情報です」とわかることも、弁護士に依頼をするメリットです。

もともと、まとめローンについては賛否両論あり、その方の多重債務の中身と契約内容によっては、無理してまとめローンをしない方が良いというのもわかります。

弁護士などは、借金相談をした時に引当計算などで、利息の再計算などをして過払い金の有無を調べます。最終的な借金の総額と、このまま利息を払い続けるとどうなるかなどを詳しく知ることができます。

そのうえでまとめローンをした方が良いか?ということで、契約の是非を決めることではなく、今のところはこんな状態ですよということです。あとの判断としては、その金額で気になるまとめローンのシュミレーションをしていくことになります。

そして、必ず行ってほしいのが、多重債務を先に完済したい事を報告することです。これは、まとめローンの審査が通ってからでも良いのですが、「今繰り上げ返済をしたら手数料はありますか?」と聞いてください。無料なのか有料なのかで、まとめローンの金額が変わります。

まとめローンを取り扱う消費者金融では、全て預けてくださいというところもあります。消費者金融で完済の手続きをするのですが、100万円の多重債務のはずが150万円のまとめローンになってしまう場合があります。完済に際しての手数料が存在していたり、借り換えに際しての手数料などが、あとから事実としてわかることがあります、

ですから、利息が低いまとめローンに飛びつくのではなく、一応まとめローンの場合は、下調べなどをすることです。弁護士などで多重債務の全てを確認したあとに、自分で動く必要があります。手数料があることで、まとめローンがとんでもない損をしてしまう借金になってしまう尊もありますから、注意が必要です。