まとめローンと債務整理 自分の立場を考えて

借金をまとめるという事は、まとめローンのことを言います。多重債務者は、消費者金融や銀行カードローンなど複数の金融会社からお金を借りることで毎月負担が大きくなっていますが、それを全て1つの借金にまとめるのがまとめローンです。

このメリットとして、返済が1回で済み、場合によっては返済利息が軽減されることです。もちろん、軽減されなければやる意味はないのですが。

銀行などのまとめローンは800万円も借りられる、それも総量規制無関係ですから、借金があってもOKと言いますが、審査基準はなかなか厳しいです。多重債務者の中で、まとめローンも審査落ちしてしまい、明日の返済にも困っている方については、すぐに債務整理を考えてください。

まとめローンについては、比較的余裕のある方ができる金融商品です。100万円の借金がある方が、100万円を借りる。総量規制は無関係とはいえ、銀行としては返済ができない方には審査落ちにするのは当然のことです。ですから、多重債務の中でも3~5社というだけで審査が通らないこともあります。

返済が苦しい、生活もできないのであれば、まとめローンは夢の様な話であり、向かう先は銀行ではなく弁護士です。弁護士に借金返済の相談をすることで、何かヒントがあるかもしれませんし、そのまま債務整理を依頼することもできます。

まとめローンは借金が減るのではなく、返済額が小さくなるものですが、債務整理は借金そのものが小さくなるもので別ものです。