まとめローンとは?

消費者金融等から複数の借金があることを多重債務と言います。一般的にはキャッシングだけで表現するのですが、消費者金融やカーローン、住宅ローンを抱えている場合でも、その方は多重債務しているといえます。

消費者金融や銀行カードローンなどの場合、金利が高く、それぞれの返済日も違っていて、ときに返済し忘れてしまうこともあり、まとめローンという商品もあります。この時に、カーローンなどの残額もまとめローンをすることができれば、多重債務そのものを解消することができます。

まとめローンの仕組みは、現在の借金残額を一つの金融機関からまとめて借りてしまって、多重債務部分を全て完済します、そして、新たに作った借金1つだけの返済をするものです。返済日が1つになることで、返済の手間もなくなるだけではなく多額の借入れをすることで、金利が低くなります。あまり知られていないことですが、借入れ金額が上がると段階的に金利がさがる金融商品が多いです。

銀行カードローンなどは、低金利をうたっているものが多いですが、たいてい驚くほどの低金利は多額の借入れのときです。まとめローンも同じことで、多重債務でそれなりの金額が多いときには、金利そのものが低くなり、それがまとめローンの大きなメリットになっています。

具体的には、まとめローンは100万円以上のときには10%前後の金利になることも多く、今多重債務で返済している額よりもかなり低い返済額になります。ですから、多重債務の方は考えてほしいまとめローンなのですが、金融機関もそう簡単に販売しているわけではありません。

それは審査の存在です。どんなキャッシングでもローンでも審査はありますが、まとめローンの審査は少し厳しいです。というのも、多額のキャッシングになることで、審査基準が普通のキャッシングよりも厳しく、返済計画が確実にできる方を対象にしています。

銀行カードローン審査の場合は特に厳しいものと言われていても、どちらかというと消費者金融のまとめローンの方が契約しやすいと言われています。いずれにしても、多重債務で毎月あちこちの返済をしている方は、まとめローンの内容を検討されることをオススメします。

ただし、金利が低くならないようでしたら、まとめローンの価値はありません。カーローン等の場合、すでに低金利で契約しているので、まとめローンの対象としてはキャッシングなどの場合が向いていると言われています。