毎月の返済額が減少する

消費者金融などの金融機関では、借入金に対して最小返済額が決まっています。多重債務の場合、返済額は少しでも抑えたいところですが、それぞれ最小返済額を合算してしまうことで、どうしても月々の返済額は大きくなってしまいます。

大手消費者金融アコムでは、借入残額が20万円の場合、最小返済額は9,000円で、プロミスでは8,000円です。現在、それぞれ20万円で合計40万円の残額である場合、毎月17,000円は返済しなければならないのです。

それを、アコムのまとめ専用ローンにすると、借入残額50万円以下の場合は5,000円で済みます。40万円のまとめローンで5,000円の返済ですと、当然返済期間は伸びますが、確実に月の返済額の負担は小さくなります。

多重債務者にとって、まとめローンにすることで借入れ金額の減少はできないことですが、返済額の負担を小さくできるだけでもメリットはあります。

ただし、上記のような40万円程度のまとめローンは、金利が普通のキャッシングと変わらないというデメリットも言われています。しかし、ここでは返済額の減少をポイントとしてみていくと、17,000円が5,000円になるという大きなメリットがあることがわかります。

まとめローンの場合、多額でなければダメとか金利差がないとメリットが内容な言い方もされがちですが、返済額が減少するメリットを挙げる方はあまり多くないです。

消費者金融の場合、総量規制があり、年収に対応した限度額が决められています。ただし、まとめローンと総量規制対象外になり、審査次第では多額の借入れが可能になります。ですから、最小返済額も変わるのです。

返済額が減少=返済期間が長期化です。金利差があまりないことで総返済額は多くなることもありますが、今多重債務で返済が大変な方にとっては負担が小さくなることだけでも助かる方は少なくないです。

40万円で17,000円は無理だけど、5,000円なら無理なく返済ができる。この先、延滞も絶対にしない返済をして、完済できる。総返済額が大きくなったとしても、こちらの方が建設的です。なお、返済額の減少として債務整理もありますが、まとめローンと債務整理では内容がまったく違います。

現在の返済額をなんとか減らしたいという多重債務者は、まとめローンを考えてみてください。毎月の負担減が、生活そのものを大きく変えていくこともできます。