まとめローンをする前に考えてほしいこと

借金をまとめる事ができるまとめローンのメリットは、

  • 返済額が減る
  • 返済の手間が1度で済む

ことです。

多重債務の場合、それぞれの金利が違います。それ全てを下回るまとめローンであれば何よりです。それでいて、今までと同じ返済額であれば、当然総返済額は大きく減少させることができます。

よって、まとめローンのメリットを受ける方で、「今でも返済の余裕はあるけれど、総返済額を減らしたい」方に有利な商品です。

まとめローンの場合、毎月の返済額は金利によって下げたとしても、その分返済期間が伸びれば総返済額は当然大きくなってしまいます。特に銀行カードローンの場合、まとめローンでいきなり毎月返済額が減少します。

これは大きな得をしたと思ったら、借入れ金額が大きくなってしまうことで、逆に返済の期間が伸びてしまい、総返済額は当初よりも高くなります。ですから、まとめローンにした場合、返済額を変えないことが、より大きなメリットを受けるのです。

借金を1つにする、返済は今まで通りが理想の形です。金融機関でのまとめローンの審査が厳しいのはこの部分だとも言われています。普通に返済額を変えないのであれば、今までと同じ返済になるというのです。それができることかの審査をすることですが、まとめローンになるからと甘くなることは絶対にありません。

金融機関のキャッシングに関しては、完済することが大切なことです。お金を貸すということは相当なリスクがあることですが、同時に利息収入を得る大切な収入源です。

まとめローンとして、多額の借入れの審査の場合は、それができるかどうかを慎重に検討します。普通のキャッシングと比較して審査の通過率は低いです。特に現在の収入と信用情報は細かく見られる部分なのですが、収入で公務員などは断然有利になります。それは確実なベースアップがあるからです。

民間等の中小企業では、このベースアップがないことが多いですが、公務員の場合は、年功序列で確実に収入も増え、返済リスクが減少していくことになります。こんなところにも厳しい審査項目があるのですが、金融機関の審査は現実主義であり、まとめローンではその基準も一段と厳しくなってしまいます。

消費者金融よりも銀行カードローン審査が厳しいのですが、銀行カードローンの方が金利は低いとされています。申込順序としては、銀行カードローンそして消費者金融の順番でしょう。