多重債務とまとめローン できればラッキー

まとめローンのメリットは、

  • 多重債務の1本化
  • 返済日が1日
  • 利息の減少

です。

その審査は厳しくて、銀行カードローンなどはなかなか通らないとも言われています。メリットの大きなまとめローンだからこそ、しっかりと完済ができる人向けの金融商品だからです。

収入や信用情報などの一通りの審査はありますが、希望金額によっては家庭環境などにも深く審査が入ります。独身よりも既婚者、賃貸よりも持ち家の方が審査に通りやすいのです。

一見すると、賃貸の独身の方が返済するだけで余裕がありそうですが、夜逃げなどの貸し倒しの危険性を確認すると言われています。住宅ローンがあったとしても、既婚者なら、逃げたりしないだろうという見方です。

まとめローンのきっかけが多重債務です。若い方で多重債務をするのは遊び目的?と見られてしまう場合もあります。既婚者でも同じなのですが、少なくとも結婚生活が継続できているという社会的地位も信用の一つとして考えられています(現実は違う場合も多いですが)。

審査では、さまざまな分野を調べるのですが、やはり収入が大きな鍵を握ります。これからの昇給などもポイントで、個人事業主などはまとめローンはますます審査が通らないようです、

そもそも、個人事業主で多重債務ということは経営的にも大変?とかんがえられるでしょう。普通のキャッシングでは事業性資金として運用することはできないのですが、すでに多重債務ということで、実はそこだけでも審査に通らないこともあるらしいのです。

まとめローンに通れば、確実に借金返済は楽になるというメリットの大きな商品です。返済が楽になるということは、金融機関にとっては大きなリスクとなることで、確実性の高い方対象の商品であるのは確かです。

多額のまとめローンの場合は、返済期間が長くなってしまうため年齢制限もあります。一応60代までの審査になっていますが、希望金額によっては年齢で審査に通らないこともあります。

多重債務そのものは悪いことではないのですが、信用情報としてはあまり良いことではなく、その後の借金生活にも大きな影響を与えるということのようです。まとめローンの審査を通じ見るとそれがよくわかります。

できれば、1つの金融機関から限度額を借りる方が、キャッシングの方法としてスマートであることが実感です。