おまとめローン申し込みの流れについて

以前は聞くこともなかったのに、ここ数年のうちに頻繁に耳にするようになったのが、おまとめローンや借り換えローンという言葉でしょう。ここではおまとめローンを申し込んだ場合の流れについて紹介します。

おまとめローンは「まとめ」とあるように、複数社の借金を一つにまとめることが出来ます。複数返済の日にちがあった場合、一つにまとめることが出来ます。また、まとまった金額を借り入れすることで利息が低くなるので、返済額も低くなります。

そんなおまとめローンを利用したいのであれば、まずはどの金融会社のおまとめローンに申し込みをするのかを決めていきます。いろいろな金融機関がおまとめローンを取り扱っています。気になる金融会社のローンがあれば、金利や限度額、返済方法、返済額など徹底的に比較していきましょう。

もちろん、少しでも金利が低いものがいいですが、金利の低いものは収入が○○円以上でなければ申し込みが出来ないと制限があったり、申し込みをしても審査が厳しい傾向があります。

おまとめローンを取り扱っているのは銀行、信用金庫、消費者金融などです。金利の低さを中心に選定していき、借入期間や審査期間にどの程度時間が掛かるのかもチェックしましょう。

消費者金融の場合には、申し込み後即日融資が出来るものも多くありますが、銀行の場合には申し込み後融資が利用できるまでに1ヶ月近くかかるものもあります。

おまとめローン申し込みの流れ

おまとめローンを申し込みをする前に、どの金融機関のものにするのかを決めます。その後、金融機関が決まったら申し込みをしていきます。

申し込み方法は、店頭、郵送、インターネット申し込みなどがあります。金融機関によっては、おまとめローンだけはインターネットでの申し込みに対応していないところもありますので注意しましょう。

まずは、申込書に記入します。記入事項は、大きく分けて3つあります。一つがあなたの情報です。氏名、性別、生年月日、配偶者の有無、年収などを記載します。次に自宅情報です。自宅電話番号、所有の有無、居住年数、住宅ローンの月々返済額などを記載します。最後に勤務情報です。職種、業種、勤務先住所、勤務先電話番号、勤続年数などを間違えずに記載します。

申し込みが完了したら、金融機関での審査が行われます。申し込みをして審査に移る前には確認の電話などがあります。本当に本人が申し込みをしているのか、住所や勤務先情報は間違っていないのかという確認があります。

自宅や勤務先に電話がかかってくると、複数の借金があることや借金をまとめることがばれると思うかもしれませんが、そんなことはありません。金融会社側はきちんと配慮してくれますので、消費者金融が自社の名前を電話に出た本人以外に名乗ることはりません。

銀行からの電話でも、おまとめローンについて聞きたいことがあるから電話を掛けたなどと第三者に話をすることはありません。申し込み後は安心して連絡を待ってください。

希望の借入額が大きい場合は、年収額を証明する書類が必要になってきます。申し込みを済ませた後で準備すると時間がかかってしまいますので、申し込みをする前には準備しておきましょう。年収を証明する書類としては給与明細、源泉徴収票などの写しが有効ですから、これらの書類の提出を求められる場合もあります。

審査を通過できれば契約書が送られてきます。契約書に必要事項を記入して返送いましょう。金融会社に契約書が届けば融資が行われます。通常は指定口座へお金が振込まれますので、抱えている借金の返済に充てることになります。