消費者金融のまとめローンより銀行カードローンがおすすめ

普通大手消費者金融などのCMを行っているキャッシングは、フリーローンといいます。使途自由で、総量規制範囲内の借入が限度額になります。

住宅ローンやカーローンのような目的があるものではありません。銀行カードローンも同様です。

目的が決まっているまとめローン

フリーローンと反対なのがまとめローンです。多重債務の借入先に返済をした金額を元金として借入できるのですが、追加キャッシングができません。ローンカードは返済専用であり、返していくだけのキャッシングになります。

総量規制対象外のまとめローンは、消費者金融では多額の多重債務にも対応でき、フリーローンと比較して低金利です。返済負担を小さくすることを目的として作られたまとめローン。審査内容は、フリーローンより厳しいです。

銀行カードローンはまとめローンの代わりになる?

総量規制対象外の銀行カードローンは借入額がワイドです。銀行もまとめローンの商品はありますが、多額の借入ができるのであればまとめローンの役割ができます。

まとめローンは返済専用ですが、銀行カードローンは借入追加ができます。消費者金融のまとめローンより、銀行カードローンのフリーローンが低金利の場合があります。

もし、多重債務の合計金額が多い場合、消費者金融ではなく銀行カードローンや銀行のまとめローンが断然お得です。利用価値も高く、利便性の点からも銀行のローンカードが持てれば、消費者金融のまとめローンも考えなくて良いのです。

しかし、審査…

銀行カードローン審査は厳しいですが、実は大手消費者金融のまとめローンの審査も銀行と同じくらい厳しいのです。

ただ、多重債務者で銀行カードローン審査は到底不可能ですし、大手消費者金融の借り換え専用ローンのまとめローンの方が審査通過率は高いかもしれません。しかし、一応やってみるだけ、銀行カードローン審査を受けることをお勧めします。

多重債務の審査は、信用情報に事故情報があると借入ができないのは共通する審査内容です。

金利が低いことのメリット

まとめローンも銀行カードローンも低金利がポイントです。月々返済額が少ないことで、返済負担が大きく下がります。ただし、まとめローンにすることで返済回数が増えるので、総返済額の増加にだけは気をつけなくてはならないでしょう。

銀行カードローンの場合はフリーローンが低金利ですから感じないのですが、まとめローンの場合はフリーローン多重債務を借り換えしても、総返済額が増えるようなことがあればメリットは半減してしまいます。

銀行カードローンのおまとめローンも存在しています。その特徴は、多く借りるほど低金利です。5%程度の金利にしたいのなら500万円以上であり、100万円程度ならフリーローンとは変わらないです。

おまとめローンの方が審査は厳しいですから、普通に銀行カードローン審査を受けて自分で多重債務の完済をしてしまう方がメリットは大きいです。追加キャッシングができますから。

三井住友銀行でおまとめローン

三井住友銀行のおまとめローンは平均的な内容だと言われています。審査も平均的というのですが、金融事故のゼロは当然です。

商品としておまとめローンはありません。ご利用目的で借入返済資金を選ぶことで、おまとめローンになります。

即日融資に対応は銀行系でもナンバー1

最高金利14.5%の三井住友銀行おまとめローンは、即日融資ができます。三井住友銀行に口座があれば午前中の申し込みで対応しています。全国各地で21時まで行っている無人契約機があり、土日の申し込みでもOKです。

公式サイトにもありますが、おまとめローンでの即日融資は特筆すべきメリットです。すぐに完済したい多重債務。解消解決が即座にできるのは三井住友銀行の強みです。

気になる金利

債務者にとっては、まとめローンにする事で返済負担が少しでも減るのが大切なことです。

総量規制対象外ですから、まずは年収3分の一は無関係です。14.5%が最高金利で、100万円以下のおまとめローンです。250万円ある方は、8~10%と一桁の金利になる可能性があります。銀行系の金利は借りれば借りるほどお得になります。

審査は厳しいので覚悟を

多重債務と言っても、3社以内が大原則です。それ以上の借入件数があると、三井住友銀行のおまとめローンは審査落ちです。

保証会社は、株式会社SMBCコンシューマーファイナンスで、実はプロミスと同じです。しかし、審査内容は別物で、個人情報、信用情報はくまなくチェックされることになります。金融事故はもちろんですが、完済記録がある、返済能力が比較的高い、設定返済回数が極端に高くないなどで、審査通過率は低いです。

もともと多重債務で銀行カードローン審査は難しいとされていますが、借入返済資金となるとハードルは上がってしまうようです。申し込み対象でパートやアルバイトもありますが、おまとめローン審査に関しては、正社員で勤続年数が長いことが最低条件になっています。

ただし、パート歴20年で信用情報で問題がない場合、三井住友銀行口座を長期間利用しているなどの条件で、審査に通る方もいます。どちらにしても高い信用力がなければならないということです。

三井住友銀行でおまとめローンを本気で考えている方

まずは、三井住友銀行の口座を持って、インターネットバンキングが使えるようにしておくことです。

最近は特に大手銀行のカードローン審査は厳しさを増しています。以前は簡単に借りられた方でも、2017年に入ってからは審査は厳しいとの評判です。それでも、返済能力があると認められることで信用力が高ければ、低金利おまとめローンが実現できるでしょう。

イオンアシストとはイオン銀行のおまとめローン

銀行カードローン審査は、国からの指導でますます厳しさを増しています。

大手銀行を始め、カードローン審査が通らない口コミは多いです。そんな中、イオン銀行カードローンに関しては、何故か穴場とされる審査の甘さがクローズアップされています。

しかし、ここで注意したいのが銀行の審査で甘い方であり、決して楽に審査通過ができないということです。

イオン銀行のおまとめローン

イオン銀行のおまとめローンはイオンアシストプランです。低金利では金融機関で群を抜きますが、インターネットからの申し込みでもローン契約書を郵送しなくてはならない手間があります。

事務手数料として2,700円かかります。即日融資は絶対に無理で、1週間以上はかかってしまいます。総量規制は対象外で、金利は最高金利13.8%です。他社銀行と比較をしても金利は低い、まとめローンとしては最適です。

必要なお金を一括振込

最低利用額が30万円からの振込キャッシングです。カードローンのような利便性はなく、追加キャッシングは新規契約になります。

融資金額が高いほど金利は下がりますから、予定している金額は多く見積もることで、確実におまとめローンをすることをお勧めします。自分で完済する形になります。あとはひたすら返済をしていくローンになります。

スペックについて

200万円以上の年収が必要です。月に10万円程度の収入ですと、200万円には届かない(ボーナスがあれば別)ことになります。

審査は、オリックス・クレジットが保証会社になります。審査内容については、金融事故は当然NGですが、3社程度の他社借入件数が理想です。

カードローン会社ではなく、銀行の審査はなかなか厳しい内容とされていますが、イオン銀行の審査の引締めはまだ大したことがないと言われています。みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンよりは、いくぶん審査は甘いかもしれないという口コミはあります。多分、イオン銀行のおまとめローンで審査落ちの方が断然多いですが。

あってはならないことですが、遅延損害金が14.6%と低金利です。大手消費者金融のフリーローン金利以下と言うこの安さですが、もちろんあってはならないものです。

専業主婦の場合

イオン銀行は、フリーローンは専業主婦も作れるカードローンです。ただし、50万円程度しか限度額はありません。

おまとめローンに関しては、専業主婦は対象外です。学生、年金受給者もおまとめローンはできません。700万円までの限度額ですが、収入が一定になくてはならない審査では、厳しいと言えるでしょう。

銀行vs消費者金融 おまとめローンでお得はどっち?お勧めは銀行だけど

おまとめローンは、消費者金融カードローン会社にも銀行カードローンでもあります。

どちらが良いか?それは当然銀行ですと言いたいのですが、審査や金利では大手消費者金融でも内容が良いものもあります。

アイフル おまとめMAX

アイフル利用者向けのおまとめローンです。追加キャッシングはできません。

最長10年間(返済回数120回)で300万円までの限度額、1万円から対応しています。12~15%の金利で、300万円で12%の金利という計算です。最短即日融資が可能です。

東京スター銀行 スターワンバンクローン

おまとめ専用ローンで、200万円以上の年収で正社員が対象です。2週間ほど融資までかかります。

1000万円までの限度額ですが、一定の残高で追加キャッシングが可能です。5.8~14.8%で、30万円からの利用ができます。30万円のおまとめローンならも14.8%の金利です。

少額のおまとめローンなら

銀行の低金利は、最高金額の場合のことが良くわかります。

もし、50万円程度のおまとめローンを考えているのなら、消費者金融15%、銀行14.8%の利息の差です。金額が大きくなるほど銀行が有利ですが、何もかもが良いのではないことがわかります。

そして、大手消費者金融と銀行の大きな違いは審査の差です。銀行は断然厳しい内容で、カードローン会社の方が借りやすいです。これはフリーローンと同じことです。

おまとめローン審査は、総量規制対象外です。消費者金融の方が金利も高いですが、審査も多少は甘いとされているのです。もし何百万円もないのなら、最初から大手消費者金融のおまとめローンにいくことで、審査落ちを経験しなくても良い場合が考えられます。

大口のおまとめローンなら銀行が断然有利

100万円台のおまとめローンとそれ以上になると、どうしても総返済額に差が出ます。最小返済額でちまちま返済していくことになると、利息だけでとんでもない金額になってしまうことになります。

そんな時、低金利の銀行に軍配が上がるのですが、審査内容で自信がない方でも審査を受けることをお勧めします。アイフルの他にも、大体似たような内容でのおまとめローンがあります。

フリーローンと大きく違うのは新規キャッシングできないことです。借り換えではなく、おまとめローンとして返済専用の融資になっています。

しかし、銀行カードローンで普通のキャッシングで、自分で多重債務を完済していく方法もあり、これなら自由にキャッシングが可能になります。まとめローン希望ですが、銀行カードローン審査に通るのであれば、キャッシングとして借りる方法も一つの手です。

人気のおまとめローンはやっぱり銀行

まとめローンのランキングでは、銀行カードローンが上位を占めます。低金利が売りですが、審査は厳しいです。

人気の銀行系のまとめローン

上位は、東京スター銀行おまとめローン、横浜銀行カードローン、じぶん銀行、三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどです。その下に、大手消費者金融のおまとめローンが並びます。

とうしても利息が高い、せっかくのまとめローンなのに金利が高くなってしまったのではなく、借り換えをした意味がないのが現状です。しかし、ローンカードのキャッシングとは違い、ひたすら返済をしていくまとめ専用ローンはフリーローン以上の審査の厳しさです。

借入は多重債務の元金だけになりますが、銀行カードローン審査は是非チャレンジしてみて下さい。

即日融資とスピード審査

大手消費者金融のおまとめローンのメリットは即日融資が多い点です。

最近では、銀行カードローン審査も早くなっていますが、人気の東京スター銀行のスターワンバンクローンは早くて1週間です。借り換え専用ローンですが、利用できるまでの時間がドキドキです。しかし、ここが最高というべき審査のキツさですから、銀行カードローン審査がダメなら大手消費者金融にいくだけのことです。

なぜおまとめローンの必要があるのか?

多重債務者で、もし返済ができない。収入が足りない、いつの間にか4社以上の債務になっている、おまとめローンの限度額がやばいかも?というときには、銀行も大手消費者金融のおまとめローンは不可能です。

審査が厳しいだけではなく、なんでも多重債務者は対応するということは絶対に無いのです。特に、銀行カードローン審査では、まだまだ返済に余裕がある方を対象にしたローンです。

もし返済が苦しいのであれば、債務整理をお勧めします。その前に審査の甘い中小消費者金融に行こうという方もいますが、基本的にはお勧めしないです。

中央リテールのように12.4%低金利だけど、4社以上で150万円以上が対象というおまとめローン以外では金利が高い商品が多いです。ブラックになってしまうのですが、多重債務者で返済が大変な方は最初からの債務整理をお勧めします。

余裕のある方向きのおまとめローン審査は、返済できない方の審査通過はゼロです。フリーローンで新規キャッシングができない、審査落ちの方はまとめローン審査も絶対に通らないことでしょう。返済額が大きくなるにつれ、情勢は厳しくなります。