まとめローンが適している方とは?

多重債務者の方の中で、なんとか借金返済を楽にしようとまとめローンを考える方も少なくありません。消費者金融や銀行では、借金の一本化とかまとめカードローンと宣伝をしています。

しかし、まとめローンの盲点が1つだけあります。それは、まとめローンをしたとしても元本は変わらないということです。

これとよく似たものに住宅ローンの借り換えがあります。借金をまとめるのではなく、利息の低い住宅ローンに変えることを言いますが、これは残額1000万円以上で借り換え先の住宅ローンの利息が1%以上低い場合に有効だと言われています。これは価値のある方法で、何百万円単位で返済額が変わります。

普通のまとめローンの場合、審査も厳しく場合によってはまとめローンもできないことも多いため、多重債務者で大変な方は債務整理を念頭に考えたほうが良いでしょう。現在、多重債務であって返済は心配ないけれど、もっと楽にしたい方のみにまとめローンがおすすめ商品だといえます。

というのも、まとめローンの審査は多重債務者でもその借入先が多ければ、審査で弾かれてしまう可能性が高く関門としては厳しいと言われています。

結局は余裕のある方向けのローンだと言うことを知らない方が多いようです。既に返済が苦しい方にとっては、まとめローンは高嶺の花的な存在といえるかもしれません。

まとめローンより債務整理 その理由はこれ! 

総量規制対象外とされる銀行カードローンは低金利ですし、年収が多少低くても多額の借入ができそうです。

このできそうというのがポイントで、よく800万円とか500万円と表示されていますが、年収200万円程度の方はこの多額のまとめローンは借りることができません。しかし、現実には、200万円程度の方が500万円くらいの借金返済をしているのが実情です。

消費者金融では、総量規制範囲内での貸付しかしていないのですが、多重債務者であり返済時には高い金利がかかり、総量規制なんて関係ないほどの多額の返済に苦しむことが多いです。ですから、現実に200万円の年収で500万円返済と言うのはない話です。

金融機関のまとめローンでは500万円程度を低金利で借りることができますとありますが、それに見合うだけの収入がある方のみで、“軽い多重債務”であることが条件です。もともと多重債務解消のためにあるような商品ですが、それを利用できるのはごくわずか、高給取りの方だけだということです。

多重債務の場合、毎月の返済ができている方は問題ないのですが、生活が苦しくなったり滞納してしまう事態になる前に債務整理を考えてください。まとめローンよりも債務整理です。

CMなどでも言われていますが、弁護士に借金返済の相談をすることができます。自分の場合、どんな債務整理が有利なのか、いろいろと専門的なアドバイスを受けることで、返済が楽になることが多いです。もちろん、自分で調べて見るのも良いでしょう。

多重債務をまとめる そう簡単ではない

消費者金融や銀行カードローン、住宅ローンにカーローン。こんな借金地獄を堂々巡りしている方は多いです。なぜか、住宅ローンとカーローンは借金らしくないイメージもありますが、お金の貸付の消費者金融やカードローンに関しては後ろめたさを感じます。

その違いとして、金利の差があります。住宅も車も単体としては高い買い物ですが、返済の金利は大したことがありませんし、キャッシング関係は10%以上の金利で返済をしています。

ふと返済額を見ると、毎月金利だけでも相当返済していることになりますが、それがキャッシングの現実です。必要となった時に借りてしまったお金ですが、返済時になるとなかなか大変になってしまうのは仕方のないことです。

そこで、返済ができないときには債務整理を考えましょう。この時に、住宅ローンやカーローンなどをどうしたら良いか?迷ってしまう方も多いです。

まず、生活に必要とされるものは守ると言えば、車でしょう。車を趣味などで持っている方は手放すことは容易ですが、生活手段として使っている場合は、ここは債務整理ができないことになります。そして、住宅ローンです。債務整理の中には、住宅を手放す、住宅は手放さないで他の借金だけを整理する方法があります。

さらに、生活に直結しない消費者金融などの借金をどう整理をするか。それは実際に内容を見てみないとわからないのですが、とにかく返済を楽にすることができます。銀行のまとめローンなどの商品もありますが、多額のお金を低金利で借りることができるものです。

しかし、これは返済に余裕がある方でなければ審査は厳しいと言われています。第一銀行審査という点で、なかなか厳しい現実があるようですから、住宅ローン、カーローン、消費者金融などの返済が苦しい方は審査が通らない可能性があります。

借金まとめて債務整理

今持っている借金をまとめて債務整理をした方がいい方は、自転車操業的な返済をしている方です。A・B・C消費者金融の借金返済をしている方で、Aの返済をするためにCから借入をしている方、じゃCの返済はどうしているかと言うと、生活費から少しずつ行っている。多重債務者の典型的な形です。

最初にAの借金を作った時に、完済をしないうちにどうしてもお金が必要になった、じゃBから借りよう。元はと言えば、この行為が自転車操業の始まりです。できれば、Aの返済が苦しくなった時に債務整理を考えるのが妥当なのです。

多重債務そのものは悪ではありません。A・B・Cの返済が完璧にできると確信があるのなら、多重債務者もOKです。しかし、返済ができないのに借金を増やすのはNG、返済できないときには債務整理をすることです。

債務整理と聞くととても大変なようですが、任意整理などでは債権者である消費者金融に直接返済の相談をすることです。毎月2万円の返済を1万5千円で交渉すると言った感じです。当然返済期間は伸び返済額も大きくなりますが、多重債務にならずに済みます。これが債務整理です。

弁護士が出てきて、裁判所だの、自己破産だけが債務整理ではなく、債権者との契約の内容を変更することも借金整理の一つです。そこで、A・B・C消費者金融にそれぞれ借金がある場合は、3つまとめて債務整理をすることをお勧めします。それぞれに交渉をしていき、返済額の調整をします。

しかし、そんなことはできないし自信がないという方は、法律事務所や弁護士で借金相談をしてみてください。依頼をすることで交渉は全て行ってくれますし、別の債務整理の提案もあります。場合によっては自己破産もありえますが、自転車操業的な借金返済を完全にストップさせるのは仕方のないことです。

返済できない借金を作ってしまう事実について

今日もどこかで借金をしている方がいます。ひとつ尋ねたいのは、その借金の返済はできますか?返済ができない借金はしない方が良いし、絶対にしてはいけないのですが、世の中には“今必要な”お金だけを借金する場合があります。

返済の事はどうにかなると思いがちです。また、本当に大丈夫な借金だけど、返済できなくなってしまう窮地に立たされることもないとは限りません。

返済の見込みがない借金と言うのは、今その場の窮地を救うだけでピンチを増やしている自覚がない場合が多いです。多重債務者が陥りがちなブラックホールとも言えるのですが、気がついたら返済額が雪だるま式に増えて入ることが多いです。

近年、自己破産をする方が急増しているのは、こうした返済の見込みがない借金を持ち続けている方だと言います。金融機関としては一応限度額の貸付はします。返済がうまくいっていれば良いわけですが、遅滞や滞納などで審査に引っかかるとその場で貸付をストップさせます。

貸付をストップの時点で、あなたは債務整理をした方が良いと言うサインと見たほうが良いでしょう。もちろん審査の甘い消費者金融などでは、ある程度の貸付もしてくれるところはありますが、返済ができないのであればそれは絶対にしない方が良いです。

ですから、借金をする、金融機関からお金を借りたいときには、返済ができるという場合のみに行うことが大切なのです。そして、どうしても返済ができない場合には債務整理をして、自分が作った借金を責任を持って減少させることが必要なのです。