借り入れをしすぎてしまうと

ちょっとだけ借り入れをするつもりが、つい借りすぎてしまい返済が苦しくなっていませんか?急にお金が必要になって消費者金融にお金を借り入れすると、簡単にお金を貸してくれることに驚くでしょう。簡単に借り入れできたとしてもそれはすべて借金ですから、返済しなければなりません。

借りた分だけ返せればいいですが、借り入れしたお金には利息が付きますから、借りた分以上のお金をトータルで支払うことになります。借り入れした金額が少ないと返済額も低いですが、借り入れ額が大きくなるとどんどん返済額も大きくなってしまいます。そのため返済が困難になってくるでしょう。

借り入れをして返済を回しているような自転車操業を行ったり、別の金融機関からお金を借り入れして返済に充てるような多重債務の状態ではいつか破綻してしまいます。そこで、借金の悩みを抱えているなら、思い切っておまとめローンを検討しましょう。

おまとめローンで失敗しない!

おまとめローンを利用するなら、ちゃんと内容を把握しておきましょう。内容が曖昧なまま申し込みをして利用することになれば、後悔してしまう場面に出くわすかもしれません。

おまとめローンは、複数の借入れを一本化することを目的としています。複数返済がある人は、おまとめローンによって借金をまとめることで返済日が一つになりますから、月々の支払い負担が減ります。さらに金利が低い金融機関を利用すれば、低金利となるので返済額を減らすことが出来ます。

債務整理を行えば信用情報に記載されてしまうので、最低5年はクレジットカードを新しく作ることが出来ませんし、自動車ローンや教育ローンであっても新しくローンをすることは当分の間出来ません。ですが、おまとめローンは債務整理ではないので、信用情報に傷がつくこともありません。

ただし、おまとめローンは利息を低くして借金総額を引き下げることはできても、借金がゼロになるわけではありません。また、大幅に借金を減額できることもありません。

金利の低いおまとめローンを利用すれば利用価値は大いにありますが、逆に金利が高くなったり変わらなかったりすると返済総額が変わらないですし、逆に増えてしまうケースもあります。金利は要チェックしましょう。

おまとめローンの審査は厳しいことを理解しておきましょう。通常よりも融資金額が高額になるため、審査が普通のローンと比べて厳しくなっています。返済の遅延がある場合には、審査に通過しにくくなってしまいます。

さらに、おまとめローンの審査に通過して利用する場合、新たな借り入れは難しくなるでしょう。複数の借金をまとめることが出来るおまとめローンを利用する場合、借入額が大きくなります。追加の借り入れは難しくなりますので、おまとめローンを利用しているのに他のローンの申し込みをするのは止めましょう。

審査に落ちてしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。おまとめローンをした後は、他社から新たに借り入れをするのは避けた方がいいです。

おまとめローンは総量規制の対象外!

おまとめローンは、消費者金融のものであっても総量規制対象外です。

総量規制とは、「原則として借入総額が年収の3分の1までに制限される」ことを指しています。多重債務者が一時急激に増えたので、自分の収入に見合った金額以上は借り入れできなくしようということで、この法律が出来ました。

おまとめローンは総量規制の例外にあたるので、収入の1/3を超えても借り入れをすることが出来ます。

悪徳業者に注意

おまとめローンを狙った悪徳業者がいます。おまとめローンを利用することを考えている人は多重債務者である可能性が高いのですが、その人に対して少し契約内容が厳しいがこれを承認することで絶対に審査に通過するなどと言って誘ってきます。

また、極端に金利が低いことをうたって借金返済に困っている債務者を呼び寄せようとしている悪徳な業者もいます。他の金融会社と比べてあまりにも低い金利の裏には、危険な業者が潜んでいると思ったほうがいいでしょう。

更に、期間限定でサービスがあると謳っているところも気を付けましょう。人は限定に弱いのでついふらふらと惹かれてしまいますが、騙されないようにしなければなりません。

貸金業規制法によって、貸金業者は財務省や都道府県へ登録することが定められています。登録番号が渡されるのですが、この登録番号がない場合には悪徳業者と思っていいでしょう。

借金で悩んでいる人は精神的に参っている人が多いですが、決して悪徳業者に騙されないようにしましょう。甘い言葉に釣られて申し込みをしないようにしましょう。