借金の悩み!まとめて一本化する?弁護士に相談する?

返済が困難になりかかっている借金がありませんか?借金返済が難しくなってきている場合、借金を1本化した方がいいのでしょうか?それとも弁護士に相談をして借金整理をした方がいいのでしょうか?

借金がある場合、一つだけの借金でそれほど多くの金額を借り入れしていない場合は返済に困ることはないでしょう。コツコツと返済をしていけば完済を目指せます。しかし、ちょっと財布の中身が乏しいからと繰り返し借り入れを行っていると、いつの間にか複数の金融会社からお金を借り入れして、返済日が1か月に何度も来る状態になってしまうでしょう。

借金一本化はおまとめローンとも呼ばれています。借金を一つにまとめることが出来ることからおまとめローンとも呼ばれるのです。

複数のところから借金がある人は1ヶ月のうちに何度も返済日を迎えます。一つの返済が済んだと思ったら、次の週にはまた別の借金の返済日が来ることになってしまうのです。これでは返済のためのお金を準備できなくなることもあるかもしれません。また、返済日に追われているという感覚になって心が休まることもないでしょう。

借金1本化は、他の金融機関で借金分の金額をまとめて借りて一旦借金を全部代わりに支払ってもらいます。一本化した金融会社に借金返済をすればいいので返済日は一つになります。借り先を1つの金融機関にまとめる方法になるのです。

借金返済で困っている人が借金を一本化することで、借金を一つにすることが出来ればかなり精神的にも楽になります。多重債務となっている人は返済日を一つにすることが出来るので、今まで返済に追われていたことがなくなり、嘘のようにすっきりするので大変魅力的なものだと思うでしょう。借金がかなり少なくなったような感覚を覚える人もいるようです。

借金一本化のメリットと言えば、返済日を1日にまとめられることが一番に挙げられます。毎月の返済が1日に集約できればお金を準備することも楽になります。月々の返済額を抑える事が出来ることもメリットの一つです。借金を一本化すれば利息を低くすることが出来るので、月々の返済額を現状より減らすことが出来るのです。

金利が低くなるので、返済額も月々減るということは借金総額を減らすことにもつながります。また債務整理のように事故情報となることがないので、ブラックリストに載ることもないのです。

借金一本化はメリットばかりではなくデメリットもあります。金利が低くならない可能性もあるのです。借金の一本化を考えている人の多くが多重債務となっている人でしょう。

例えば、銀行のカードローンなど利息が低いところからばかり借り入れをしていると、もともと利息が低いので借金1本化をするために金融会社からお金を借り入れしても、金利が今利用しているところよりも高いと逆に返済総額が上がってしまう場合もあるのです。

また、借金1本化は借金を大幅に減らすことはできません。金利分を低くすることで多少は借金総額が低くなる可能性はあるのですが、債務整理のように大幅な借金減額とはならないのです。

本当に借金1本化をして長い間コツコツと借金返済をしていけるかどうかを冷静になって考えましょう。返済計画を見直してみて、難しいと思うのであれば弁護士に債務整理を依頼した方がいいでしょう。債務整理をすれば過払い金請求も同時に行えます。

借金一本化より債務整理を選ぶこと

複数の借金があるのならば、弁護士に相談して債務整理を行うべきです。本当に長い年月をかけて借金を返すていくことが出来ると思うのであれば、おまとめローンでもいいですが、返済が行き詰まりそうであれば債務整理を行って借金をお幅に減らしましょう。確実に借金を減らせるのは債務整理です。

債務整理は弁護士だけではなく司法書士に依頼することも可能です。しかし、司法書士に頼む場合には借金の金額に制限があります。140万を超える借金に関しては司法書士が手続きをすることが出来ないので、借金の金額が多い場合には初めから弁護士に依頼した方がいいでしょう。