複数の借金は借金まとめる方法が良い理由

複数社から借金をされている場合は、借金まとめる方法を取るべきといえます。

なぜ複数の借金は1本化すべきなのか、その理由をまとめてみました。

複数の借金は1本にすべき理由

複数の銀行や消費者金融などからお金を借りている場合は、1つの借金として返済していくことがオススメです。

その理由は、以下が挙げられます。

毎月の返済額が少なく済む

借金をまとめて1本化すると、毎月の返済額が少なくなります。他に当てるお金が出来るので、生活が楽になりますよ。

毎月それぞれに返済するのは管理が大変

毎月それぞれの金融機関に返済していくのは、管理が大変です。その借金によって返済する日も方法も違うので、その管理というのは簡単ではありません。借金を1本化することで、1つの返済管理のみで済みます。

高上りの利息となっていることがある

借金は金融業者によって金利がマチマチであり、中には高い金利の金融業者もいます。借金を1本化することで、そっちの金利の方が安い場合もあり、利息を少なくさせることができます。

どのような借金が1本化出来るのか

どのような借金は、1本にまとめることができるのでしょうか。個人的な借金をまとめるのであれば、事業性資金と住宅ローン以外であれば可能です。

以下の借金は、借金をまとめることができます。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローンやブライダルローンなどの目的別ローン

意外と、様々なローンが該当すると思いませんか。毎月の返済額に自信が無くなったら、検討してみると良いですよ。

借金をまとめる際の審査のポイント

借金をまとめたい場合は、限度額近くまで借りている人が大半です。そのため、以下に注意して借金をまとめるようにしましょう。

延滞を無くす

融資の審査では、延滞履歴や事故歴を重点的に見られて審査をされます。借金をまとめるためにローンを組みたい場合は、延滞を無くすようにしましょう。

例えば、延滞していて月末に返済したい場合と翌月に返済をした場合とでは、審査のされ方が変わります。どちらも延滞には違わないのですが、月を超えて返済した場合の方が不利となってしまいます。

もしも、現在延滞が発生している場合は、延滞を解消しましょう。延滞の場合でも、できるだけ短期間で返済する情報を残すことがポイントとなります。

出来るだけ借金を減らしておく

他社からの借金が多いと、審査が不利になってしまいます。限度額ギリギリまで借りている人は、出来るだけ限度額より少なくなるような借金にしておくと良いですよ。限度額ギリギリよりも、審査の印象が変わります。

返済できる能力を作っておく

新しいローンを組む時は、返済出来る能力が大事となります。特に既に他社からの借金が多くある場合は、返済能力が大きな審査のポイントとなります。

なので、収入が少ない場合は収入を増やすようにし、返済能力を上げるようにしましょう。また、本人以外の世帯収入がある場合は、申し込みの際に書くと審査が通りやすくなることがあります。

いかがでしたでしょうか。
複数の借金がある場合は、まとめて1本化することがオススメです。今より間違いなく楽になり、快適になりますよ。借金1本化する場合は、審査ポイントを高くするようにして、間違いなく審査に通るようにしましょう。